コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛媛大学 えひめだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛媛大学
えひめだいがく

国立大学法人。 1949年に松山高等学校,愛媛師範学校,愛媛青年師範学校,新居浜高等工業学校および県立農林専門学校を統合して,文理学,教育学,工学の3学部からなる新制大学として設置された。 1954年県立松山農科大学を移管して農学部を新設,1968年文理学部を法文学部,理学部,教養部に改組。さらに 1973年医学部を増設,現在法文学部,教育学部,理学部,医学部,工学部,農学部の6学部体制となっている。 1967年大学院を設置。法文学,教育学,理工学,医学系,農学,連合農学の6研究科を有する。本部は愛媛県松山市道後樋又にある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えひめ‐だいがく【愛媛大学】

愛媛県松山市に本部のある国立大学法人。松山高等学校・愛媛師範学校・愛媛青年師範学校・新居浜(にいはま)工業専門学校母体に、昭和24年(1949)新制大学として発足。のち、愛媛県立松山農科大学を吸収。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

愛媛大学【えひめだいがく】

松山市にある国立大学。松山高校(1919年創立),新居浜工専(1939年),愛媛師範(1943年),同青年師範(1944年)を統合して,1949年新制大学として発足。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛媛大学
えひめだいがく

国立大学法人。1949年(昭和24)旧制松山高等学校、新居浜(にいはま)高等工業学校、愛媛師範学校、愛媛青年師範学校、県立農林専門学校が統合され新制国立大学として発足した。1954年には県立松山農科大学を農学部として吸収した。1968年文理学部が改組され法文学部、理学部、教養部(1996年廃止)となり、同年教育学部を設置。1973年には医学部が開設され、2010年(平成22)時点で6学部(法文学、教育学、理学、医学、工学、農学)を擁する四国地方最大の総合大学に発展している。とくに法文学部の昼夜間開講制は全国的に注目されている。大学院は医学、理工学(博士課程)、および法文学、教育学、農学、連合農学の各分野(修士課程)に研究科が置かれている。また、香川大学との大学連合法務研究科が開設されている。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部は愛媛県松山市道後樋又(どうごひまた)10-13。[馬越 徹]
『愛媛大学編・刊『愛媛大学五十年史』(1999)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愛媛大学の関連キーワードチュラポーン王女お半/長右衛門ブンノアイト愛媛県松山市星加 宗一三浦 圭一久松 定武川村 一水X線天文学重信[町]東温(市)松山(市)安達 生恒須田 正巳香川 冬夫松山[市]芦田 譲治香川冬夫芦田譲治山田秀人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛媛大学の関連情報