コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛川(町) あいかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛川(町)
あいかわ

神奈川県中北部、愛甲(あいこう)郡にある町。1940年(昭和15)町制施行。1955年(昭和30)高峰(たかみね)村と合併、1956年中津村を編入。国道412号が通り、小田急電鉄本厚木(ほんあつぎ)駅、JR相模(さがみ)線上溝(かみみぞ)駅などからバスが通じる。古来、相模川流域の相模平野から、また中世には、鎌倉、小田原から甲州(こうしゅう)(山梨県)東部へ通じる交通の要地で、北東の三増(みませ)は中世からの宿場として知られ、諏訪(すわ)神社の獅子(しし)舞は、日本における一人立ち三頭獅子舞の南限を示すもので、県指定無形民俗文化財。また南の中津川の西にある八菅(はすげ)山は、中・近世には伊勢原(いせはら)の大山(おおやま)(石尊権現(せきそんごんげん))、日向(ひなた)山(日向薬師)と並ぶ山岳修験(しゅげん)(聖護院(しょうごいん)流)の道場(別当光勝寺)のあった所で、参道には「丁石(ちょういし)」が残される。江戸時代後期からは、北西の半原(はんばら)を中心として絹撚糸(ねんし)業が盛んとなり、いまも撚糸、縫い糸の特産で知られる。糸とり唄の「管巻(くだまき)唄」がよく歌われる。南東の厚木市にまたがる中津工業団地(県内陸工業団地)は、第二次世界大戦中につくられた軍用飛行場跡を利用したもので、金属製品、機械などの近代工業が集まり、付近は住宅地化が目だつ。八菅山、三増峠のほか、西部の仏果(ぶっか)山、経(きょう)ヶ岳など町を巡る山稜(さんりょう)はナラ、クヌギ、アカマツなどの自然林に覆われ、稜線は展望が開け、よいハイキングコースである。また、中津川上流の中津渓谷は峡谷美で知られ、釣りやキャンプの好適地でもあり、2000年には宮ヶ瀬ダムが完成、県立あいかわ公園もつくられている。面積34.29平方キロメートル、人口4万2089(2010)。[浅香幸雄]
『『愛川町郷土誌』全2巻(1979、1982・愛川町) ▽『あいかわの地名』全4巻(1985~1992・愛川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愛川(町)の関連キーワード神奈川県愛甲郡愛川町春日台神奈川県愛甲郡愛川町八菅山神奈川県愛甲郡愛川町中津神奈川県愛甲郡愛川町三増神奈川県愛甲郡愛川町田代シンクスコーポレーション神奈川県愛甲郡愛川町角田神奈川県愛甲郡愛川町半原神奈川県愛甲郡愛川町棚澤中津渓谷(神奈川県)中津川(神奈川県)アイ・シイ・エス半原のネクタイ神奈川県愛甲郡長谷川 恒男宮ケ瀬ダム中村 博直宮ヶ瀬ダム丹沢高原豚宮ケ瀬湖

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android