コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


まん

仏教で説く煩悩(ぼんのう)の一つ。サンスクリット語マーナmnaの訳。自分を高くみて他を軽視する、自己中心的な思い上がりの心。こうした心理を分析して三慢、七慢、九慢などが説かれる。このなかに「我慢(がまん)」も含まれるが、これは今日の日本語の、自己を抑制する意味の「我慢」とはむしろ逆の心理状態であり、強い自我意識からおこる慢心をいう。[池田練太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

慢の関連キーワードココニイルコトチンゲンサイマリル トロ宮田陽・昇ル・シッド五秘密法根本煩悩愚痴の闇詰め伏す六著心慢慢的随煩悩慢じる十訓抄五秘密宮田昇小令慢語七慢詞綜

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慢の関連情報