成人の日(読み)せいじんのひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成人の日
せいじんのひ

国民の祝日の1つ。1月 15日であったが,2000年から1月の第2月曜日に変更された。おとなになったことを自覚し,みずから生抜こうとする青年を祝い励ます趣旨で,1948年に設けられた。成年の式と祝いは古くからあり,貴族,武人の間では男子は 11~16歳で元服の式を行い,安土桃山時代から庶民の間では前髪を剃るようになった。女子は江戸時代になってから 12~16歳で袖留を行なった。現在では男女ともに満 20歳を成年とする。この日には自治体などが主催して式典が行われている。 (→成年式 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいじん‐の‐ひ【成人の日】

〘名〙 国民の祝日の一つ。一月の第二月曜日。満二〇歳に達した青年男女を祝福する日。昭和二三年(一九四八)に制定され、平成一一年(一九九九)までは一月一五日と定められていた。《季・新年》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成人の日
せいじんのひ

1月の第2月曜日。「おとなになつたことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。従来は1月15日であったが、2000年から1月の第2月曜日となる。社会成員の認知を受ける通過儀礼ともいえる。20歳に達した青年男女を対象に成人式を催し記念品を贈る市区町村が多いが、地方では都会に出た若者が帰郷する8月に成人式を行う所もある。

[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

成人の日

成人の日は、1948年に「1月15日は、おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日」と法律で定められました。現在は、2000年に制定されたハッピーマンデー法に基づき1月の第2月曜日に改正されています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

成人の日【せいじんのひ】

国民の祝日の一つ。当初は1月15日,2000年より1月の第2月曜日。成人(満20歳)になったことを自覚し,自ら生きぬこうとする青年を祝い励ますのが趣旨。1948年制定。→元服
→関連項目国民の祝日

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android