コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田山新勝寺

2件 の用語解説(成田山新勝寺の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

成田山新勝寺

不動明王を本尊とする真言宗智山派大本山で、940(天慶3)年に開山。広大な境内は約6万坪ある。正月三が日で、初詣に約300万人が訪れる。歌舞伎市川団十郎家が代々信仰することでも知られる。

(2013-10-03 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

成田山新勝寺

千葉県成田市にある寺院。940年創建。真言宗智山派大本山。本尊は不動明王仁王門は国の重要文化財に指定。御護摩祈祷で知られる。「成田不動」「成田山」などとも呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成田山新勝寺の関連キーワード高蔵寺新義真言宗豊楽寺平間寺智山派不動法真言宗智山派真言宗豊山派新大仏寺神野寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成田山新勝寺の関連情報