コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田[市] とだ

2件 の用語解説(戸田[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

戸田[市]【とだ】

埼玉県南東部の市。1966年市制。荒川北岸の沖積低地を占める。近世には中山道(国道17号線)の戸田の渡しがあった。第2次大戦後は工場地帯として急速に発展し,人口も急増。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とだ【戸田[市]】

埼玉県南東部の市。1966年市制。人口9万7571(1995)。荒川左岸の低地にあり,荒川を隔てて東京都に接する。江戸時代中山道の戸田の渡しと河岸場のあった所で,今は国道17号線(中山道)の戸田橋と同新大宮バイパスの笹目橋が東京への玄関口にあたり,自動車の通過交通量が多い。1992年には東京外環自動車道が開通,首都高速5号線と連絡する美女木(びじょぎ)ジャンクションも設けられ,一層交通は便利になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

戸田[市]の関連キーワードニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還袴田事件植村直己小川紳介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone