コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手宮洞窟 てみやどうくつ

2件 の用語解説(手宮洞窟の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

手宮洞窟【てみやどうくつ】

北海道小樽市手宮公園内にある洞窟遺跡(史跡)で,壁面彫刻がある。文字説,絵画説,偽刻説をめぐって論争が行われたが,1951年フゴッペ洞窟で同様な彫刻が発見され,偽刻説は否定された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

国指定史跡ガイドの解説

てみやどうくつ【手宮洞窟】


北海道小樽市手宮の手宮公園付近にある洞窟。約1600年前の続縄文時代中期から後期のものと推定される貴重な壁面彫刻がある。彫刻は、角のある人物、杖のようなものを持った人物や四角い仮面のようなものをつけた人物のほか、角のある四足動物なども描かれている。とくに角のある人物は、北東アジア全域で広く見られたシャーマンを表現したものではないかと見られ、その他の特徴もアムール川周辺に見られる岩壁画と共通点が多く、同じ北海道フゴッペ洞窟の壁面彫刻とともに、日本海を囲むロシア、中国、朝鮮半島などの間にある大きな文化の流れを表すものと考えられている。壁面彫刻は、1866年(慶応2)、ニシン番屋の建設のために相模国(現在の神奈川県)から来ていた石工の長兵衛が建築用の石を探しているときに偶然発見した。イギリスの地質学者ジョンミルンや開拓使(当時の北海道全体を統括する機関)、人類学者の渡瀬荘三郎などによって調査され、彫刻のある岩や続縄文時代の土器とともに刃の部分が傷んだ石斧(せきふ)なども出土している。1921年(大正10)には国指定史跡となり、1949年(昭和24)にブロンズによる模刻、保存覆屋(おおいや)の整備が行われた。1986年(昭和61)から保存修復事業が進められ、1995年(平成7)に手宮洞窟の陰刻面を保存する手宮洞窟保存館が完成し、カプセル内に保存された壁面彫刻を実際に目にすることができる。JR函館本線小樽駅から中央バス「総合博物館」下車、徒歩約3分。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone