投馬国(読み)とうまこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投馬国
とうまこく

魏志倭人伝』にみえる国名。倭人伝にみえる国々のうち奴国 (なのくに) までは異論がなく,北九州とみられるが,次の不弥国,投馬国の所在地により次の邪馬台国が九州か大和かに論が分れる。この国には五万余戸があり,「みみ」「みみなり」という官がおかれたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

投馬国【つまこく】

3世紀の国(わこく)のなかの一国名。〈とうまこく〉ともよむ。《魏志(ぎし)倭人伝》には対馬(つしま)国・一大(一支,(いき))国・末盧(まつろ)国・伊都(いと)国奴(な)国・不弥(ふみ)国に続いて記載される国で,〈南,投馬国に至る水行二十日。官を弥弥(みみ)と曰い,副を弥弥那利(みみなり)と曰う。五万余戸可り〉とある。この戸数は,南にあるという邪馬台(やまたい)国の7万余に次ぐもので,規模の大きさがうかがえる。この投馬国は邪馬台国九州説にしたがえば,薩摩高城(たき)郡託万(たくま)郷,日向(ひゅうが)児湯(こゆ)郡の都万(つま)神社の一帯,肥後玉名郡・託麻(たくま)郡,筑後上妻(かみつま)・下妻などの比定地があり,また大和説では周防(すおう)佐婆郡玉祖(たまのや)郷,備後(びんご)鞆津(とものつ),出雲(いずも),但馬(たじま)などに比定されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つまこく【投馬国】

〈とうまこく〉とも読む。3世紀の倭国の中の一国の名。《魏志倭人伝》にみえる。同書には,不弥国につづいて〈南,投馬国に至る水行二十日。官を弥弥(みみ)と曰い,副を弥弥那利(みみなり)と曰う。五万余戸可り〉とみえる。投馬国は邪馬台国九州説では,薩摩,日向児湯郡都万神社の地,筑後上妻・下妻などに比定され,大和説では,周防佐婆郡玉祖郷,備後鞆津,出雲,但馬などに擬せられている。【佐伯 有清】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうまこく【投馬国】

「魏志倭人伝」にみえる国。伊都国の南、邪馬台国との間とされる。邪馬台国位置説によって、出雲、備後国鞆、周防佐波郡玉祖たまのや郷、但馬などに比定される。つまこく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

投馬国
とうまこく

弥生(やよい)時代にあった原始国家の一つ。「つまこく」と読む説もある。『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)によると、不弥(ふみ)国に続いて、「南、投馬国に至る水行二十日。官を弥弥(みみ)といい副を弥弥那利(みみなり)という。五万余戸ばかり」(原漢文)とある。投馬国をどこに求めるか諸説に分かれるが、邪馬台国(やまたいこく)の位置とのかかわりで注目されている。邪馬台国九州説では宮崎県西都(さいと)市妻(つま)町付近、福岡県上妻(こうつま)・下妻(しもつま)および三潴(みずま)付近とし、大和(やまと)説では島根県出雲(いずも)説、広島県鞆(とも)説などが有力である。[井上幹夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の投馬国の言及

【投馬国】より

…《魏志倭人伝》にみえる。同書には,不弥国につづいて〈南,投馬国に至る水行二十日。官を弥弥(みみ)と曰い,副を弥弥那利(みみなり)と曰う。…

※「投馬国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android