据える(読み)スエル

  • す・える〔すゑる〕

デジタル大辞泉の解説

[動ア下一][文]す・う[ワ下二]
物を、ある場所に動かないように置く。「大砲を―・える」「三脚を―・える」
建造物などを設ける。「本陣を―・える」「関所を―・える」
位置を定めて人を座らせる。「上座に―・える」
ある地位や任務に就かせる。「部長に―・える」「見張りに―・える」
心をしっかりと居定まらせる。「度胸を―・える」「腹を―・える」
厳しい視線を置きつづける。「目を―・える」
灸(きゅう)をする。「灸を―・える」
捺印(なついん)する。「印を―・える」
鳥などを止まらせる。
「矢形尾の真白の鷹をやどに―・ゑ掻(か)き撫(な)で見つつ飼はくし良しも」〈・四一五五〉
10 植えつける。
「世の中の常の理(ことわり)かくさまになり来にけらし―・ゑし種から」〈・三七六一〉
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→据(す)ゆ
[下接句]肝(きも)を据える灸(きゅう)を据える腰を据える尻(しり)を据える腹を据える御輿(みこし)を据える目を据える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

下一 [文] ワ下二 す・う
位置を決めて物を、容易には動かないようにしっかりと置く。プレス機を工場に-・える庭に庭石を-・える
物をある場所に一時的にきちんと置く。テレビカメラを-・えて待つ膳を-・える
人を重要な地位などにつかせる。 会長に-・える
動かさないでそこにとどめる。 目を-・える この土地に腰を-・えるつもりだ
気持ちを動じないものにする。 性根しようねを-・える 腹を-・えかねて抗議する
きゆうをする。 足に灸を-・える
ある場所に構築物などを設置する。もうける。 御桟敷の前に陣屋-・ゑさせ給へる/枕草子 278
(人を)ある場所にいさせる。また妻として住まわせる。 かぐや姫-・ゑむには、例のやうには見にくし/竹取
(鳥を)止まらせる。 とぐら結ひ-・ゑてそ我が飼ふ真白斑ましらふの鷹/万葉集 4154
(印などを)押す。 足利殿自筆を執て判を-・ゑ給ひ/太平記 9 中世以降ヤ行下二段にも用いられた
[慣用] 御輿みこしを-腹に据えかねる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

据えるの関連情報