コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

据える スエル

デジタル大辞泉の解説

す・える〔すゑる〕【据える】

[動ア下一][文]す・う[ワ下二]
物を、ある場所に動かないように置く。「大砲を―・える」「三脚を―・える」
建造物などを設ける。「本陣を―・える」「関所を―・える」
位置を定めて人を座らせる。「上座に―・える」
ある地位や任務に就かせる。「部長に―・える」「見張りに―・える」
心をしっかりと居定まらせる。「度胸を―・える」「腹を―・える」
厳しい視線を置きつづける。「目を―・える」
灸(きゅう)をする。「灸を―・える」
捺印(なついん)する。「印を―・える」
鳥などを止まらせる。
「矢形尾の真白の鷹をやどに―・ゑ掻(か)き撫(な)で見つつ飼はくし良しも」〈・四一五五〉
10 植えつける。
「世の中の常の理(ことわり)かくさまになり来にけらし―・ゑし種から」〈・三七六一〉
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→据(す)ゆ
[下接句]肝(きも)を据える灸(きゅう)を据える腰を据える尻(しり)を据える腹を据える御輿(みこし)を据える目を据える

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すえる【据える】

( 動下一 ) [文] ワ下二 す・う
位置を決めて物を、容易には動かないようにしっかりと置く。 「プレス機を工場に-・える」 「庭に庭石を-・える」
物をある場所に一時的にきちんと置く。 「テレビカメラを-・えて待つ」 「膳を-・える」
人を重要な地位などにつかせる。 「会長に-・える」
動かさないでそこにとどめる。 「目を-・える」 「この土地に腰を-・えるつもりだ」
気持ちを動じないものにする。 「性根しようねを-・える」 「腹を-・えかねて抗議する」
きゆうをする。 「足に灸を-・える」
ある場所に構築物などを設置する。もうける。 「御桟敷の前に陣屋-・ゑさせ給へる/枕草子 278
(人を)ある場所にいさせる。また妻として住まわせる。 「かぐや姫-・ゑむには、例のやうには見にくし/竹取」
(鳥を)止まらせる。 「とぐら結ひ-・ゑてそ我が飼ふ真白斑ましらふの鷹/万葉集 4154
(印などを)押す。 「足利殿自筆を執て判を-・ゑ給ひ/太平記 9」 〔中世以降ヤ行下二段にも用いられた〕
[慣用] 御輿みこしを- / 腹に据えかねる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

据えるの関連キーワード尻を落ち着ける腰を落ち着ける烏を鵜に使う相生真の立華本腰を入れる下手出し投げ向こう詰め親石・首石納まり返る肝を据えるじっくり橋挟み石目玉商品並め据う水盆石二日灸きゅうどかり釜据え坐り鯛

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

据えるの関連情報