敷く(読み)シク

デジタル大辞泉「敷く」の解説

し・く【敷く/布く/領く/×藉く】

[動カ五(四)]
一面に平らに広げる。「絨毯じゅうたんを—・く」
一面に平らに並べたり、まき散らしたりする。「を—・く」「玉砂利を—・く」
物を載せるために平らにして下に置く。下に当てる。「座布団を—・く」
下に押さえつける。「女房の尻に—・かれる」
設置する。敷設する。「鉄道を—・く」
配置をする。「厳重な捜査網を—・く」「背水の陣を—・く」
隅々まで行き渡らせる。「箝口令かんこうれいを—・く」
広く行き渡る。一面に広がる。「名望、天下に—・く」「松葉が散り—・く古庭」
力を広く及ぼす。治める。
天皇すめろきの—・きます国の」〈・四一二二〉
[可能]しける
[類語]置く据える据え付ける取り付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android