コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斐川 ひかわ

3件 の用語解説(斐川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斐川
ひかわ

島根県北東部,出雲市東部の旧町域。宍道湖西岸に位置する。1955年荘原村,出西村,伊波野村,直江村,久木村,出東村の 6村が合体して斐川村となり,1965年町制,2011年出雲市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひかわ【斐川】

島根県北東部、簸川ひかわ郡の町。宍道湖西岸に位置。荒神谷遺跡や出雲空港がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斐川
ひかわ

島根県東部、簸川(ひかわ)郡にあった旧町名(斐川町(ちょう))。現在は出雲市の東部を占める。宍道(しんじ)湖西岸にあり、北部を斐伊(ひい)川が東流する。旧斐川町は1955年(昭和30)荘原(しょうばら)、出西(しゅっさい)、伊波野(いわの)、直江(なおえ)、久木(ひさぎ)、出東(しゅっとう)の6村が合併し斐川村となり、1965年町制施行。2011年(平成23)出雲市に編入。JR山陰本線、国道9号が通じ、出雲空港もある。出雲平野の東部にあり、整然とした水田と刈り込みの行き届いた築地(ついじ)松に囲まれた散村風景が展開する。穀倉地帯であり、米作のほか、チューリップの球根、ブドウの栽培も行われる。出西・伊波野一里塚、荒神谷遺跡は国指定史跡。1995年(平成7)荒神谷史跡公園が開園し、1998年には荒神谷遺跡出土青銅器群が国宝に指定された。東部にある湯の川温泉は大穴牟遅神(大国主神)を追い掛けてきた因幡国の八上比売が発見したとの伝承がある古い温泉である。旧斐川町の人口は2万7689(2010国勢調査)。[小松 聰]
『『斐川町史』(1972・斐川町) ▽『斐川町史 その後』全2巻(1980、1986・斐川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斐川の関連キーワード平田出雲空港ゴビィ宍道湖自然館ゴビウス宍道[町]宍道〈町〉島根県出雲市園町島根県出雲市東郷町島根県出雲市東福町島根県出雲市東園町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斐川の関連情報