コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斐川 ひかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斐川
ひかわ

島根県北東部,出雲市東部の旧町域。宍道湖西岸に位置する。1955年荘原村,出西村,伊波野村,直江村,久木村,出東村の 6村が合体して斐川村となり,1965年町制,2011年出雲市に編入。出雲平野の東部,斐伊川下流域の新田地帯が大部分を占め,米作が盛ん。集落は自然堤防上に立地し,後背湿地には高うね栽培がみられたが,今日では乾田化が進み,近郊野菜,果樹などの栽培も行なわれる。富村の築地松(ついじまつ)に囲まれた屋敷風景は独特。国指定史跡の荒神谷遺跡では大量の銅剣,銅矛,銅鐸が出土,1995年出土跡は荒神谷史跡公園として公開され,出土品は国宝に指定されている。また国指定史跡の出西・伊波野一里塚が残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひかわ【斐川】

島根県北東部、簸川ひかわ郡の町。宍道湖西岸に位置。荒神谷遺跡や出雲空港がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斐川
ひかわ

島根県東部、簸川(ひかわ)郡にあった旧町名(斐川町(ちょう))。現在は出雲市の東部を占める。宍道(しんじ)湖西岸にあり、北部を斐伊(ひい)川が東流する。旧斐川町は1955年(昭和30)荘原(しょうばら)、出西(しゅっさい)、伊波野(いわの)、直江(なおえ)、久木(ひさぎ)、出東(しゅっとう)の6村が合併し斐川村となり、1965年町制施行。2011年(平成23)出雲市に編入。JR山陰本線、国道9号が通じ、出雲空港もある。出雲平野の東部にあり、整然とした水田と刈り込みの行き届いた築地(ついじ)松に囲まれた散村風景が展開する。穀倉地帯であり、米作のほか、チューリップの球根、ブドウの栽培も行われる。出西・伊波野一里塚、荒神谷遺跡は国指定史跡。1995年(平成7)荒神谷史跡公園が開園し、1998年には荒神谷遺跡出土青銅器群が国宝に指定された。東部にある湯の川温泉は大穴牟遅神(大国主神)を追い掛けてきた因幡国の八上比売が発見したとの伝承がある古い温泉である。旧斐川町の人口は2万7689(2010国勢調査)。[小松 聰]
『『斐川町史』(1972・斐川町) ▽『斐川町史 その後』全2巻(1980、1986・斐川町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

斐川の関連キーワード岐阜県揖斐郡揖斐川町外津汲岐阜県揖斐郡揖斐川町西横山岐阜県揖斐郡揖斐川町西津汲岐阜県揖斐郡揖斐川町上ミ野岐阜県揖斐郡揖斐川町上東野岐阜県揖斐郡揖斐川町上野岐阜県揖斐郡揖斐川町若松岐阜県揖斐郡揖斐川町市場岐阜県揖斐郡揖斐川町徳山岐阜県揖斐郡揖斐川町戸入岐阜県揖斐郡揖斐川町櫨原岐阜県揖斐郡揖斐川町脛永岐阜県揖斐郡揖斐川町塚島根県出雲市斐川町学頭湯の川温泉(島根県)島根の青銅器遺跡地帯出西ひかわ銅剣の日絲原 武太郎伊志見一里塚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斐川の関連情報