コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新箸 にいばし

百科事典マイペディアの解説

新箸【にいばし】

ススキやスゲの青い茎で箸を作り特定の食物を食べる行事。千葉県の各地では6月27日を新箸の祝として,新麦でうどんやだんごを作り神に供える。信越地方にも青箸の日(7月27日)の行事がある

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいばし【新箸】

茅(カヤ)の箸で食物を食べる7月(旧暦では6月)下旬の行事。新箸の祝ともいう。神奈川県の三浦半島から千葉県一帯にかけて行われ,7月26日か27日の所が多い。新しく作った茅の箸をいったん神棚に供え,新小麦でこしらえたうどん,小麦まんじゅうなどをそれで食べる例が一般的だが,赤飯を蒸したりカボチャを煮て食べる例や,小豆粥を作る例もある。農事に関するなんらかの祭りだと思われ,稲生育を祈る行事だとも説かれるが,行う理由について十分には究められていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新箸
にいばし

旧暦6月27日に行われる年中行事。千葉県などではその年とれた小麦でつくったうどんや団子を、ススキやカヤの青い(緑色)茎でつくった箸で食べる。新箸の祝いともいう。長野県や新潟県では6月または7月の27日の行事で、尾花(ススキ)の茎のまだ青いのを赤飯に添えて神棚に供える。青箸の年取りとも尾花祭りともいい、作物の無事生育を祈る。長野県諏訪(すわ)大社の御射山(みさやま)祭(現在は月遅れで8月27日)の影響によるもので、全国に1万社近くある諏訪神社の祭日が27日であるのと関連する。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone