コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新見[市] にいみ

百科事典マイペディアの解説

新見[市]【にいみ】

岡山県西部の市。1954年市制。市街地高梁(たかはし)川上流の新見盆地にあり,鎌倉時代京都の東寺荘園があった地で,川をはさんで上市下市の市場があった。姫新(きしん)線,伯備線が開通して上市に駅前集落が発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいみ【新見[市]】

岡山県北西部の市。1954年市制。人口2万5513(1995)。高梁(たかはし)川上流の新見盆地と,中国山地吉備高原にわたる広い市域をもつ。盆地中央の新見市街は阿新圏(新見市と阿哲郡)の行政・経済の中心。平安時代末期成立の新見荘の地で,戦国時代には支配者が次々に交代,近世初期にも天領,水谷(みずのや)氏領,ふたたび天領と変わったが,1697年(元禄10)関氏1万8000石が入封し,その陣屋町として繁栄した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新見[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android