コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光奉行 にっこうぶぎょう

6件 の用語解説(日光奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日光奉行
にっこうぶぎょう

江戸幕府の職名。老中の管轄下にあり,日光東照宮の守衛と日光町の行政,上野,下野両国の司法にあたった。承応1 (1652) 年設置の頃は日光山守護職,のち日光御宮守 (おみやもり) といったが,元禄 16 (1703) 年から日光奉行となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっこう‐ぶぎょう〔ニツクワウブギヤウ〕【日光奉行】

江戸幕府の職名。遠国奉行の一。老中の支配に属し、日光東照宮の警備・祭祀(さいし)・修理および日光町の政務一般を管掌し、上野(こうずけ)下野(しもつけ)両国の訴訟をも扱った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日光奉行【にっこうぶぎょう】

江戸幕府の遠国(おんごく)奉行の一つ。1700年,それまでの目付(めつけ)にかえて創設。老中(ろうじゅう)支配,定員2名,役高2000国,役料500俵。東照宮・大猷(だいゆう)院廟(徳川家光の廟)の経営,日光山の年中行事などを管掌,1791年以降は日光目代の職権を兼務し日光領を直接支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっこうぶぎょう【日光奉行】

江戸幕府の遠国奉行の一つ。1700年(元禄13)に創設。幕府は1648年(慶安1)ごろより目付を1人在勤させ,日光東照宮の警備と山中の監察に当てた。3代将軍徳川家光の没後,その遺臣梶定良が大猷院(家光)廟定番(じようばん)となり,ともに日光山を管轄したが,のち目付在勤制を廃し,日光奉行を創設した。老中支配,定員2名,役高2000石,役料500俵。当初は半年交代勤務で1790年(寛政2)より在勤1年交代となり,1862年(文久2)以後は定員1名,一時期2名のときもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にっこうぶぎょう【日光奉行】

江戸幕府の職名。日光東照宮の守衛・修繕・祭祀さいし、日光町の庶政、上野こうづけ・下野しもつけ両国の訴訟を扱う。老中支配。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日光奉行
にっこうぶぎょう

江戸幕府遠国(おんごく)奉行の一つ。日光東照宮ほか堂社の警備・修復・祭祀(さいし)事務、日光神領支配・収納を行った。1652年(承応1)以来の日光山守護梶定良(かじさだよし)が1698年(元禄11)に死去、のち目付(めつけ)が派遣されたが、1700年(元禄13)これを廃止し日光奉行を創設した。定員2名で半年交代(1790年、1年交代)、老中支配、役高2000石・役料500俵。1791年(寛政3)不正のため日光目代(もくだい)山口氏が罷免され、目代の神領支配権は日光奉行に包摂、奉行が神領を直接支配することとなった。属僚は組頭(くみがしら)兼目代、吟味役(ぎんみやく)、組同心、支配同心、別に組頭配下に神馬(しんめ)別当、掃除(そうじ)頭、山内七ヶ所番所同心、大沢御殿番がある。1868年(明治1)神領は新政府に収公、下野(しもつけ)県知事支配となった。[大野瑞男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone