コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日新館 にっしんかん

5件 の用語解説(日新館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日新館
にっしんかん

会津藩の藩校。寛政 11 (1799) 年設立。延宝2 (1674) 年,藩主保科正経が設立した「講所」が起源。学制を改革するとともに,日新館と改称した。塾学と大学とから成り,教科目は漢学,習礼,習字,兵学,武術,和学,書学,神道,和歌会,音楽,数学など多岐にわたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にっしん‐かん〔‐クワン〕【日新館】

江戸時代の会津藩の藩校。藩主松平容頌(かたのぶ)が創立した藩校に寛政11年(1799)命名したもの。同名のものが、美濃土佐対馬(つしま)などにもあった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日新館【にっしんかん】

陸奥(むつ)会津藩の藩校。1788年藩主松平容頌(かたのぶ)のとき従来の講所を朱子学派の構想下に改めて設立。1799年日新館と称し,教学体制を整え,生徒を武士子弟に限定,漢学,和学,書,神道,兵学,医学,算術,洋学等を教えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

にっしんかん【日新館】

江戸時代の会津藩藩校。もと稽古堂。1799年改称。同名のものに対馬つしま府中藩・美濃苗木藩の藩校などがあった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日新館
にっしんかん

会津(あいづ)藩(福島県)の藩学。好学の藩祖保科正之(ほしなまさゆき)の後を受け、1788年(天明8)5代藩主松平容頌(かたのぶ)が、家老田中玄宰(はるなか)の建言で創立。藩士の子弟10歳以上の就学を規定。1799年(寛政11)日新館と命名、生徒1000名余。漢(朱子)学を中心に、皇学、神道(しんとう)(垂加(すいか))、洋(医)学、武学を教え、15歳以上は武学も併修。生徒は学業の進度により4等級に編成され、試験により進級する制度であった。成績優秀者は大学校(至善堂)に進み、学業・武道で一定の成績に達しない者は退塾を許さず、家督(かとく)相続で扶持(ふち)を減じられたりした。下士層は城外の南学館・北学館に学んだ。出版事業も盛んで『日新館童子訓』の編・刊など著名である。
 ほかに同名の藩学が、美濃(みの)苗木(なえぎ)藩、近江(おうみ)西大路(にしおおじ)(仁正寺(にしょうじ))藩、但馬(たじま)村岡藩、対馬(つしま)府中(厳原(いづはら))藩、土佐藩支封宿毛(すくも)(家老伊賀氏領)にあった。[木槻哲夫]
『吉村寛泰編「会津日新館志1~5」(『会津史料大系』所収・1983~85・歴史春秋社) ▽小川渉著『会津藩教育考』(1931・同書発行会) ▽文部省編・刊『日本教育史資料 1、5、6』(1889) ▽笠井助治著『近世藩校の綜合的研究』(1960・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日新館の関連キーワード興譲館明倫館会津城会津藩家世実紀田中泥斎藤堂高芬藤堂高文能勢明陳橋本塩巌三木雲門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日新館の関連情報