コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本スポーツ仲裁機構 にほんスポーツちゅうさいきこう

3件 の用語解説(日本スポーツ仲裁機構の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

にほんスポーツちゅうさいきこう【日本スポーツ仲裁機構】

国内のスポーツにかかわる紛争を仲裁により解決するために設けられた独立機関。2003年(平成15)設立。 JSAA 。 → スポーツ仲裁裁判所

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本スポーツ仲裁機構【にほんスポーツちゅうさいきこう】

代表選考やドーピング処分など国内のスポーツをめぐる紛争を仲裁するための機構で,2003年4月に発足。略称JSAA日本オリンピック委員会日本体育協会,日本障害者スポーツ協会が設立母体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本スポーツ仲裁機構
にほんすぽーつちゅうさいきこう

国内のスポーツに関する紛争を仲裁・調停し、解決するために設置された独立機関。ドーピング審査の当否や競技結果、出場資格認定などについて判断、判定する公益財団法人である。英語名は、Japan Sports Arbitration Agencyで、略称JSAA。日本オリンピック委員会JOC)、日本体育協会(体協)、日本障害者スポーツ協会の3団体を母体として設立された。裁判外紛争解決手続認定団体第一号である。本部を東京都渋谷区に置く。
 世界的にドーピング規制を強化する動きが高まるなか、1999年(平成11)にJOCに設置されたスポーツ仲裁研究会を前身として、国際オリンピック委員会が設置したスポーツ仲裁裁判所をモデルにつくられた。2003年(平成15)4月に発足し、同年6月から仲裁の受付を開始した。
 仲裁の場合は、選手などからの申立てを受け、JSAAに解決をゆだねるという当事者双方の意思を確認したのち、通常は弁護士など3人からなる仲裁パネルが設けられ、審問や審理が行われる。2013年4月時点で62の競技団体が、紛争の解決をJSAAの仲裁や調停に付託する旨をあらかじめ規約などに定めている。
 2012年に起きた女子柔道の指導者による暴力問題を契機として、なんらかの不祥事が起きた際に調査を実施する第三者委員会を同機構に設置することが検討されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本スポーツ仲裁機構の関連キーワード血液ドーピング日本アンチ・ドーピング機構反ドーピングドーピング検査アンチドーピングキャンペーン血液ドーピング (blood doping)遺伝子ドーピング (gene doping)国際アンチドーピング機関 (International Anti-Doping Agency)重炭酸塩ドーピング (bicarbonate dopinng)アンチドーピング (anti-doping)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本スポーツ仲裁機構の関連情報