コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝鏡寺 ほうきょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうきょうじ【宝鏡寺】

京都市上京区にある,もと臨済宗の寺で,現在は単立寺院。西山と号する。百々御所(どどのごしよ)とも呼び,比丘尼御所の一つ。光厳天皇の皇女恵厳禅尼が応安年間(1368‐75)福尼寺を再興したことに始まると伝え,寺伝では本尊の観音が手中に宝鏡を所持したことから,宝鏡寺と称したという。1644年(正保1)後水尾天皇の皇女久厳禅尼の入寺以来,幕末まで皇女の入寺が続き,尼門跡寺院として皇室との関係が深まった。1788年(天明8)の大火で焼失したが,光格天皇の援助で復興。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宝鏡寺
ほうきょうじ

京都市上京(かみぎょう)区百々(どど)町にある禅宗系単立寺院。西山(せいざん)と号する。本尊は聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)。一般に百々御所(どどのごしょ)、人形寺(にんぎょうでら)とよばれる尼門跡(あまもんぜき)寺院。臨済宗円覚寺(えんがくじ)の開祖無学祖元(むがくそげん)の弟子、無外如大尼(むがいにょだいに)が開創した景愛寺(けいあいじ)の内にあった福尼寺を、応安(おうあん)年中(1368~75)光厳(こうごん)天皇皇女華林恵厳(えごん)禅尼が現在地に再興して、宝鏡寺と改称した。1644年(正保1)に後水尾(ごみずのお)天皇皇女理昌尼(りしょうに)王が入寺して以降、代々皇室から住職を迎えた。光格(こうかく)天皇の遺愛の人形や遊具をはじめ、歴代内親王の愛玩(あいがん)した人形が多数残されており、人形寺とよばれるようになった。毎年春と秋に人形展が開催される。[水谷 類]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宝鏡寺の関連キーワード中初狩宿伝兵衛了然元総尼野市[町]伊藤 道海理忠女王義山理忠理昌女王日野富子理豊女王理秀女王華林恵厳理琇女王逸巌理秀久巌理昌水谷今須

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝鏡寺の関連情報