コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇徴 どんちょう

8件 の用語解説(曇徴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曇徴
どんちょう

推古 18 (610) 年に来朝した高麗の僧。儒学,絵画工芸,紙墨彩色から農具までも伝え碾磑 (みずうす) を造ったといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どんちょう【曇徴】

7世紀の高句麗(こうくり)の僧。推古天皇18年(610)渡来。五経に通じ、彩色(絵画)、紙墨の製法、水力を利用した臼の製法を伝えたという。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曇徴【どんちょう】

推古天皇18年(610年)に来朝した高句麗(こうくり)の仏僧。生没年不詳。儒教の五経,絵画の彩色の法,紙・墨の製法,農具まで伝えたとされるが,確証はない。
→関連項目和紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曇徴 どんちょう

?-? 高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧。
推古天皇18年(610)に嬰陽(えいよう)王の命で僧法定(ほうじょう)とともに渡来。五経に通じ,また絵の具や紙・墨をつくり,碾磑(みずうす)(水力を利用した臼(うす))を製作したという。「聖徳太子伝暦」には,聖徳太子ふたりを斑鳩宮(いかるがのみや)にまねき,ついで法隆寺にとどまらせたとある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曇徴

生年:生没年不詳
7世紀初めの高句麗の僧。推古18(610)年3月に嬰陽王の貢上として,法定 と共に来日。仏教以外の知識として五経(儒教)に通じ,彩色(絵の具),紙墨,碾磑の製作技術を伝えた。碾は精米機,磑は精粉機で,いずれも水力を使用する。『日本書紀』は碾磑を造ることはこれから始まるとする。紙墨の製作はこれ以前に伝来していたので,良質の製法を伝えたのだろう。これらの技術は広く文化の発展に貢献した。聖徳太子により,斑鳩宮(法隆寺東院)に召されたとき,曇徴と法定は前世において南岳恵思禅師の弟子だったと述べたので,法隆寺に止住することとなった(『聖徳太子伝暦』による)という。

(松木裕美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どんちょう【曇徴】

高句麗からの渡来僧。生没年不詳。《日本書紀》によると,610年(推古18)高句麗の嬰陽王が法定とともに朝廷に貢上した。よく彩色(絵具),紙,墨をつくり,あわせて碾磑(てんがい∥みずうす)を製作した。製紙技術はすでに中国あるいは朝鮮から伝えられていたとみられ,曇徴はさらに良質の紙の製法をもたらしたのであろう。水力を利用した臼はこのときに始まるという。また五経に通じた。《聖徳太子伝暦》には法隆寺に住したとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どんちょう【曇徴】

高句麗の僧。610年渡来。五経に詳しく、また彩色・紙墨の製法や碾臼ひきうすを伝えたという。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曇徴
どんちょう

生没年不詳。7世紀の高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧。610年(推古天皇18)3月、高句麗嬰陽(えいよう)王の命により、僧法定(ほうじょう)とともに来日。五経に通じ、またよく彩色(絵の具)、紙墨をつくり、さらに碾磑(みずうす)(水力を利用した臼(うす))をつくったことが『日本書紀』にみえる。紙の製造については、日本における文献上の初見であり、また、碾磑は日本ではほとんど普及しなかったが、その製造の初めとして注目されている。[二葉憲香]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の曇徴の言及

【飛鳥美術】より

…憲法十七条制定の604年,黄文画師(きふみのえかき)や山背画師など,画師の区分が定められたが,はじめに高句麗出身の黄文画師をかかげるところに,その存在の大きさがうかがえる。《日本書紀》によれば610年高句麗王は,彩色・紙墨の技術者である僧曇徴を貢上するが,これは日本における画材の需要増大を反映しているとともに,その技術が高句麗からもたらされた点が注目される。また605年鞍作止利に銅・繡の丈六仏像各1軀を造らせたところ,高句麗王がこれを聞いて黄金300両を貢しており(紀),ここにも高句麗との関係がうかがえる。…

【紙】より

…製紙術の伝来についての注目すべき記事は,《日本書紀》にみえる推古18年(610)の文である。この年3月に来朝した高句麗の僧曇徴(どんちよう)は〈五経を知り,またよく彩色及び紙墨を作り,そのうえ碾磑(てんがい)を造る〉という。製粉用の碾磑については,とくに〈碾磑を造ること,ここに始まる〉と書かれているが,紙などについてはこうした記載はない。…

【墨】より

… なお墨は元来実用の具であり,消耗品ではあるが,一面ではその形状,色沢,芳香などを賞美する趣味が五代ごろから起こり,明・清に至って多くの愛墨家が輩出している。
[日本]
 日本における製墨の起源については,《日本書紀》推古18年(610)春3月条に,高麗(こま)(高句麗)の僧曇徴(どんちよう)が入朝し,製紙・製墨の法を伝えたという記事が最も古い。しかし,古墳時代の壁画に黒,朱,緑,黄などの彩色がすでに用いられているので,墨は相当早い時期に中国または朝鮮から輸入されていたと想像される。…

【筆】より

…このうち《千字文》は手習用を主眼としたので,筆は5世紀ごろにはすでに一部の人々に使われていたとみられる。また同推古18年(610)3月条には高麗(高句麗)僧曇徴(どんちよう)が紙墨の製法を伝えたとされ,製筆の法もこのとき伝えられたと考えられる。奈良時代には写経や公文書を作成するために多くの筆が必要となり,中務(なかつかさ)省図書寮内に造筆手10人が置かれ,諸国から貢進される筆も少なくなかった。…

※「曇徴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曇徴の関連キーワード朝鮮演劇東盟高句麗・高勾麗高句麗もくり遁げる順道僧隆道顕(1)安勝五族・五部高麗氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone