コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手書 シュショ

4件 の用語解説(手書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しょ【手書】

[名](スル)
自分の手で書くこと。また、書いたもの。
自筆の手紙。親書。

て‐かき【手書(き)】

文字をじょうずに書く人。能書家。能筆。
「小野道風と云ふ―を以て」〈今昔・二四・三一〉
記録する役目。書記。
「―に具せられたる大夫房覚明(たいふばうかくめい)を召して」〈平家・七〉

て‐がき【手書(き)/手描(き)】

印刷したりタイプライターなどを使ったりしないで、自分で文字や絵を書くこと。また、書いたもの。「―の年賀状」
型紙による摺(す)り染めや機械捺染(なっせん)ではなく、手で描いて模様を染色すること。また、その染め物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅしょ【手書】

( 名 ) スル
自分の手で書くこと。また、書いたもの。 「 -して保に謝した/渋江抽斎 鷗外
自筆の手紙。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の手書の言及

【手紙】より

…手紙は近世になって一般に用いられた用語で,本来文字としては,文,書,状,柬(かん),箋(せん),簡,牘,札,信などがあり,原義により微妙な異同があるが,これらの組合せで,現在流通している〈てがみ〉を指示する。手には,手習い(習字)のように,筆の跡,筆跡の意味もあり,また手みずからの意味を合わせて,手簡(しゆかん),手書(しゆしよ),あるいは真実吐露の意味,まこと,しるしをも示して,書信といい,ことさら私的内容を強調して私信ともいう。いずれも音信(おとずれ),たよりを意味し,故事より雅言として,鯉素(りそ),雁札(がんさつ)ともいう。…

※「手書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手書の関連キーワードキャリッジリターンタイプ仮名タイプ邦文タイプライターホットタイプタイプ印刷ポップライター和文タイプライターライン・プリンター黒沢貞次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手書の関連情報