(読み)ジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょう〔ジヤウ〕【状】

[名]
実際のありさま。すがた・かたちや、なりゆき。「混乱のをつぶさに報告する」
手紙。書状。「貴兄よりの拝受致しました」
[接尾]名詞に付いて、…のような形である、…に似たようすである、などの意を表す。「釣り鐘の花」「クリーム

じょう【状〔狀〕】[漢字項目]

[音]ジョウ(ジャウ)(呉)
学習漢字]5年
物の形・すがた。「液状管状環状球状形状波状
物事の様子。「状況状態異状窮状行状(ぎょうじょう)原状現状罪状実状情状性状敵状名状病状
様子や次第を記した文書。「賀状回状書状賞状訴状免状令状礼状連判状
[名のり]かた・のり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょう【状】

手紙。便り。
ありさま。ようす。 「その悲惨の-は見るにしのびない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう ジャウ【状】

〘名〙
① すがたやかたち。また、実際の様子や事のなりゆき。状況。情勢。
※万葉(8C後)六・九七八・左注「右一首山上憶良臣沈痾之時 藤原朝臣八束使河辺朝臣東人疾之状
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉七「毫もマルツラバースの所行を非として怨むの状なし」 〔戦国策‐楚策・考烈王〕
② 事態、状況を記して上申する文書。陳情書。上申書。
※平家(13C前)七「一門の公卿十人、同心連署の願書をかいて山門へ送る。其状に云(いはく)」 〔文体明弁‐奏疏〕
手紙。書状。書翰(しょかん)
※万葉(8C後)一八・四〇七三・右詞文「生別悲兮 夫復何言 臨紙悽断奉状不備」
※太平記(14C後)一〇「彼の女房義貞の状に我が文を書き副へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【奏議】より

…古くは上書といい,漢代では章,奏,表,議などといった。魏・晋時代以後は啓といい,唐・宋時代では表,状,剳(さつ),書などともよばれた。内容は政治の得失を論じるのが多いが,儀式や謝恩や天変地異について述べる場合もある。…

※「状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

状の関連情報