コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼り/便り タヨリ

2件 の用語解説(頼り/便りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たより【頼り/便り】

(頼り)何かをするためのよりどころとして、たよっているもの。頼み。「地図を―に家を探す」「兄を―にする」
(便り)何かについての情報。手紙。知らせ。「―が届く」「風の―に聞く」
縁故。てづる。「―を求めて上京する」
都合のよいこと。便利なこと。
「凄涼たる夜色…落ち行くには―よしと」〈竜渓経国美談
あることをするきっかけ、手がかり。
「彼の幽玄なる仏道をも窺い見るべき―となる」〈逍遥小説神髄
つくりぐあい。配置。
「簀子(すのこ)、透垣(すいかい)の―をかしく」〈徒然・一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たより【頼り】

〔動詞「頼る」の連用形から〕
たのみとする物や人。 「夫を-にする」 「地図を-に山を登る」
てづる。つて。縁故。 「 -を求めて就職する」
手がかり。きっかけ。契機。 「真成まことの小説稗史となるべき道をひらかん-となるべし/小説神髄 逍遥
手段。方便。 「あふべき-もなければ/浮世草子・五人女 4
便利。便宜。 「 -よき小嶋に姫宮を預け置/浄瑠璃・国性爺合戦」
都合のよい時。ついで。幸便。 「をとこなま宮づかへしければ、それを-にて/伊勢 87
つながり。関連。 「簀子・透垣の-をかしく/徒然 10

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頼り/便りの関連キーワード準拠依身考拠種本憑拠掛かり所心遣り所捕え所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone