コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼り/便り タヨリ

デジタル大辞泉の解説

たより【頼り/便り】

(頼り)何かをするためのよりどころとして、たよっているもの。頼み。「地図を―に家を探す」「兄を―にする」
(便り)何かについての情報。手紙。知らせ。「―が届く」「風の―に聞く」
縁故。てづる。「―を求めて上京する」
都合のよいこと。便利なこと。
「凄涼たる夜色…落ち行くには―よしと」〈竜渓経国美談
あることをするきっかけ、手がかり。
「彼の幽玄なる仏道をも窺い見るべき―となる」〈逍遥小説神髄
つくりぐあい。配置。
「簀子(すのこ)、透垣(すいかい)の―をかしく」〈徒然・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たより【頼り】

〔動詞「頼る」の連用形から〕
たのみとする物や人。 「夫を-にする」 「地図を-に山を登る」
てづる。つて。縁故。 「 -を求めて就職する」
手がかり。きっかけ。契機。 「真成まことの小説稗史となるべき道をひらかん-となるべし/小説神髄 逍遥
手段。方便。 「あふべき-もなければ/浮世草子・五人女 4
便利。便宜。 「 -よき小嶋に姫宮を預け置/浄瑠璃・国性爺合戦」
都合のよい時。ついで。幸便。 「をとこなま宮づかへしければ、それを-にて/伊勢 87
つながり。関連。 「簀子・透垣の-をかしく/徒然 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頼り/便りの関連キーワード杖ほどかかる子は無い溺れる者は藁をも掴む杖ほど掛かる子は無い魚の水に離れたよう魚の水を離れたよう親船に乗ったようスクリプトキディ杖も孫ほどかかる策士策に溺れる負んぶに抱っこ一身に味方なし木から落ちた猿浮き舟・浮舟男は松女は藤何奴も此奴も杖とも柱とも藁にもすがる煙を立てる藁にも縋る頼みきり

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android