玉梓(読み)タマズサ

デジタル大辞泉の解説

たまずさ〔たまづさ〕【玉×梓/玉章】

《「たまあずさ」の音変化。4が原義》
手紙。消息。
「御なつかしき―とる手おそしと」〈蘆花不如帰
巻いた手紙の中ほどをひねり結んだもの。ひねり文。結び文。多く艶書(えんしょ)にいう。
《種子の形が結び文に似ているところから》カラスウリの別名。
《古く便りを伝える使者は梓(あずさ)の杖を持っていたところから》使者。使い。
「何時(いつ)しかと待つらむ妹(いも)に―の言(こと)だに告げず去(い)にし君かも」〈・四四五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玉梓 (タマズサ)

植物。ウリ科のつる性多年草,園芸植物,薬用植物。カラスウリの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報