コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木造[町] きづくり

百科事典マイペディアの解説

木造[町]【きづくり】

青森県西津軽郡,津軽平野北西部を占める旧町。五能線が通じる。岩木川下流の低湿地帯にあり,江戸時代初期,津軽藩によって開かれ,亀ヶ岡城が築かれた。米を主産とするが,メロン,スイカの栽培も行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きづくり【木造[町]】

青森県西部,西津軽郡の町。人口2万0884(1995)。津軽平野西部,岩木川西岸を占め,町の西部は屛風山砂丘からなる七里長浜の単調な海岸線で日本海に臨む。岩木川西岸の平野部はかつては低湿な泥炭地で,17世紀後半に津軽藩4代藩主津軽信政が藩の直営事業として新田開発に着手し,以後200年にわたり,木造,金木,俵元の3新田が開発され,木造はその中心として発展した。明治に入って五所川原に郡役所が置かれ,1918年陸奥鉄道(のち国鉄(現JR)五能線)川部~五所川原間の開通とともに,津軽平野北部の中心は木造から五所川原に移った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

木造[町]の関連キーワード青森県西津軽郡亀ヶ岡遺跡

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android