コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉森久英 スギモリヒサヒデ

3件 の用語解説(杉森久英の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すぎもり‐ひさひで【杉森久英】

[1912~1997]小説家。石川の生まれ。雑誌「文芸」の編集長として、戦後派の作家を数多く世に出した後、自らも作家となる。さまざまな分野で活躍した人々の伝記小説を書き、昭和史の発掘にも尽力した。「天才と狂人の間」で直木賞受賞。他に「近衛文麿」「天皇の料理番」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉森久英 すぎもり-ひさひで

1912-1997 昭和後期-平成時代の小説家。
明治45年3月23日生まれ。第二次大戦後河出書房にはいり,「文芸」編集長をつとめる。昭和37年島田清次郎の生涯をえがいた「天才と狂人の間」で直木賞,60年「能登」で平林たい子文学賞,62年「近衛文麿」で毎日出版文化賞。平成5年伝記小説に一時代を画した功績で菊池寛賞。平成9年1月20日死去。84歳。石川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉森久英
すぎもりひさひで
(1912―1997)

小説家、評論家。石川県生まれ。東京帝国大学国文科卒業。在学中に第十一次『新思潮』に参加、創作を始める。中央公論社大政翼賛会文化部などを経て、第二次世界大戦後河出書房に入社、雑誌『文芸』の編集長として、野間宏(ひろし)、中村真一郎ら第一次戦後派登場に貢献。1953年(昭和28)小説『猿』によって注目され、以後文筆生活に入る。同郷の異色作家島田清次郎(せいじろう)の一生を資料面から調べ上げた伝記小説『天才と狂人の間』(1960~61)によって直木賞を受賞。以後『辻政信(つじまさのぶ)』(1963)、『啄木(たくぼく)の悲しき生涯』(1965)、『明治の宰相』(1969)などのほか、『伝説と実像』(1967)などで昭和史の発掘を試み、伝記作家として活躍した。[尾形国治]
『『天才と狂人の間』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉森久英の関連キーワード浅香鉄心穴井太石和鷹おおえ ひで金子嗣郎辻隆原田憲松野友山田貢河野道代

杉森久英の関連情報