コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東シベリア海 ひがしシベリアかい Vostochno-Sibirskoe more; East Siberian Sea

4件 の用語解説(東シベリア海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東シベリア海
ひがしシベリアかい
Vostochno-Sibirskoe more; East Siberian Sea

北極海の縁海の一つ。シベリア沿岸を南限に,西はノボシビルスキー諸島,東はウランゲリ島で限られる海域。西部でラプテフ海に,東部でチュクチ海に通じる。東西約 1200km,面積約 94万 km2大陸棚は幅 700kmにわたり発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東シベリア海【ひがしシベリアかい】

北極海の一部で,ロシア連邦北東部のノボシビルスク諸島とウランゲリ島の間の海。面積は91万3000km2,最深部は水深155mだが,全体としては大陸棚が広く張り出していて,水深9〜20mと浅い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしシベリアかい【東シベリア海 Vostochno‐Sibirskoe more】

ロシア連邦北東部,北極海の属海で,ノボシビルスク諸島ウランゲリ島の間の海。面積約91万3000km2。最深点は915mであるが,全体として大陸棚が広く張り出す。インディギルカ川,コリマ川などが流れこむので,沿岸部では塩分はうすく5‰程度,西部の海域で20‰である。水温は夏季に4~8℃(河口付近)ないし0~1℃(沖合),冬季には-1.2~-1.8℃。盛夏にも多くの浮氷がみられるため,船舶は海岸に近い開けた海域を通過しなければならず,航行可能の日数も少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東シベリア海
ひがししべりあかい
Восточно‐Сибирское Море Vostochno-Sibirskoe More 

北極圏にある海域の一つ。北は北極海、南は東部シベリアの陸地に限られ、東はウランゲル島ロンガ海峡を挟んでチュコト海に、西はノボシビルスク諸島を挟んでラプテフ海に通じる。面積91万3000平方キロメートル。海底の大部分は大陸棚で、大陸棚部分の水深は平均45メートル、最大155メートル。北極海の縁辺部では915メートルに達する。1年の大部分は結氷するが、夏にはシベリア沿岸が航行可能となる。スウェーデン地理学者A・ノルデンシェルドが1879年に初航行した。[津沢正晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東シベリア海の関連キーワードオビ川ラプテフ海レナ川ロシア連邦共産党ノボシビルスク[諸島]ペチョラ[川]コミ[共和国]コムソモレツ[島]ノバヤ・ゼムリャ[島]ロシア[連邦共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone