コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東シベリア海 ひがしシベリアかいVostochno-Sibirskoe more; East Siberian Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東シベリア海
ひがしシベリアかい
Vostochno-Sibirskoe more; East Siberian Sea

北極海の縁海の一つ。シベリア沿岸を南限に,西はノボシビルスキー諸島,東はウランゲリ島で限られる海域。西部でラプテフ海に,東部でチュクチ海に通じる。東西約 1200km,面積約 94万 km2大陸棚は幅 700kmにわたり発達している。北側の平均深度は 45mであるが,東側はそれより深い。インジギルカ川コルイマ川などが流入し,夏季には南岸沿いの水路も可航となる。主要港はコルイマ川河口のアンバルチク。北東航路の開拓時代に最後の難所となったところで,初の完航は 1878年 N.ノーレンシェールの『ベガ』号によって行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東シベリア海【ひがしシベリアかい】

北極海の一部で,ロシア連邦北東部のノボシビルスク諸島とウランゲリ島の間の海。面積は91万3000km2,最深部は水深155mだが,全体としては大陸棚が広く張り出していて,水深9〜20mと浅い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしシベリアかい【東シベリア海 Vostochno‐Sibirskoe more】

ロシア連邦北東部,北極海の属海で,ノボシビルスク諸島とウランゲリ島の間の海。面積約91万3000km2。最深点は915mであるが,全体として大陸棚が広く張り出す。インディギルカ川,コリマ川などが流れこむので,沿岸部では塩分はうすく5‰程度,西部の海域で20‰である。水温は夏季に4~8℃(河口付近)ないし0~1℃(沖合),冬季には-1.2~-1.8℃。盛夏にも多くの浮氷がみられるため,船舶は海岸に近い開けた海域を通過しなければならず,航行可能の日数も少ない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東シベリア海
ひがししべりあかい
Восточно‐Сибирское Море Vostochno-Sibirskoe More 

北極圏にある海域の一つ。北は北極海、南は東部シベリアの陸地に限られ、東はウランゲル島とロンガ海峡を挟んでチュコト海に、西はノボシビルスク諸島を挟んでラプテフ海に通じる。面積91万3000平方キロメートル。海底の大部分は大陸棚で、大陸棚部分の水深は平均45メートル、最大155メートル。北極海の縁辺部では915メートルに達する。1年の大部分は結氷するが、夏にはシベリア沿岸が航行可能となる。スウェーデンの地理学者A・ノルデンシェルドが1879年に初航行した。[津沢正晴]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東シベリア海の関連キーワードランゲル島保護区の自然生態系ドミトリーラプテフ海峡ノボシビルスク[諸島]ヤナインジギルカ低地ウランゲリ[島]メドベージイ諸島チュクチ自治管区サンニコフ海峡デロング諸島コルイマ山脈マンモスゾウコルイマ低地コリマ[川]チュクチ高原アイオン島チャウン湾ロング海峡アラゼヤ川コリマ山脈ハクガン