コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東伯[町] とうはく

2件 の用語解説(東伯[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

東伯[町]【とうはく】

鳥取県中部,東伯郡の旧町。加勢蛇(かせいち)川流域と大山(だいせん)の裾野(すその)からなり,山陰本線が通じる。主集落浦安は市場町として発達。八橋(やばせ)は藩政時代前期の城下町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とうはく【東伯[町]】

鳥取県中部,東伯郡の町。人口1万2382(1995)。日本海に面した南北に細長い町で,大山東麓の火山灰土に覆われた山地,丘陵が広い面積を占め,中央を縦断する加勢蛇(かせいち)川沿いに河岸段丘扇状地が開ける。中心集落の浦安は旧市場町で,小工場が多い。古く《和名抄》の郷名にも見える八橋(やばせ)は米子往来,八橋往来の旧宿場町で,江戸前期は八橋城の城下町であった。農業が基幹産業で,特に大山の広大なすそ野を利用した酪農,養鶏,芝栽培が盛んである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東伯[町]の関連キーワード大栄三朝温泉倭文神社倉吉境港鳥取はわい北条公園ポート赤碕三朝・楽市楽座

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone