コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東伯[町] とうはく

百科事典マイペディアの解説

東伯[町]【とうはく】

鳥取県中部,東伯郡の旧町。加勢蛇(かせいち)川流域大山(だいせん)の裾野(すその)からなり,山陰本線が通じる。主集落浦安は市場町として発達。八橋(やばせ)は藩政時代前期の城下町

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうはく【東伯[町]】

鳥取県中部,東伯郡の町。人口1万2382(1995)。日本海に面した南北に細長い町で,大山東麓の火山灰土に覆われた山地,丘陵が広い面積を占め,中央を縦断する加勢蛇(かせいち)川沿いに河岸段丘扇状地が開ける。中心集落の浦安は旧市場町で,小工場が多い。古く《和名抄》の郷名にも見える八橋(やばせ)は米子往来,八橋往来の旧宿場町で,江戸前期は八橋城の城下町であった。農業が基幹産業で,特に大山の広大なすそ野を利用した酪農,養鶏,芝栽培が盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東伯[町]の関連キーワード大山(鳥取)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android