コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洋自由党 とうようじゆうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洋自由党
とうようじゆうとう

日本の政党。 1892年 11月5日大井憲太郎を中心とする自由民権運動の左派が組織した。これに先立ち大井は,大阪事件の関係者ら急進勢力とともに院外活動組織である東洋倶楽部を結成し,自由党の反動化に抗していたが,92年6月に自由党を脱党,小久保喜七新井章吾ら大阪事件に連座した人々と新党を結成するにいたった。その政綱は,「皇室の尊栄」「民権の拡張」「国権の発揚」を説いたもので,対外強硬策を軸とした反政府活動に特徴があった。機関紙として『新東洋』を発行,さらに政綱実現のための機関として普通選挙期成同盟会日本労働協会,小作条例調査会をおき,労働者,貧民の政治的経済的地位の向上を期した。第4,5議会において,4人の代議士を出したが,その過激な政策のため議会主義と相いれず,1年あまりの活動ののち,翌年 12月に解散した。大井らはその後,国民協会,熊本国権党などの国家主義政党とともに,大日本協会派として活動を続けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうよう‐じゆうとう〔トウヤウジイウタウ〕【東洋自由党】

明治25年(1892)大井憲太郎を中心とした自由民権運動家によって結成された政党。貧民労働者の保護や強硬外交などを主張した。機関誌「新東洋」を刊行。翌年解散。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

東洋自由党【とうようじゆうとう】

1892年大井憲太郎を中心に樽井藤吉大阪事件の関係者や急進派が参加して結成した政党。第4・5議会に4議席。機関紙《新東洋》を発行。民権拡張・立憲政体と同時に対外強硬論を強く主張し,条約改正問題が起こると1893年国民協会玄洋社などと大日本協会を組織し,同年12月同協会に吸収される形で解党。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうようじゆうとう【東洋自由党】

1892年11月,大井憲太郎,小久保喜七,樽井藤吉らが結成した政党。議会開会以来,大井らは自由党に不満をもち急進自由主義を掲げる非政社団体東洋俱楽部をつくっていたが,星亨との軋轢(あつれき)を深め脱党,〈自由軍の別動隊〉として東洋自由党を結成した。その主旨は,アジア革新の指導者=日本という意識に支えられた,東洋経綸の国是樹立にあった。綱領に〈外交は強硬政略を執り国権の発揚を期する事〉〈緊急至要の対外政策を講じ専ら其実行を期すること〉として対外硬の政策を強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうようじゆうとう【東洋自由党】

1892年(明治25)、大井憲太郎らを中心とする急進的な自由民権派が結成した政党。勢力は弱体で翌年解散。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洋自由党
とうようじゆうとう

1892年(明治25)11月6日大井憲太郎(けんたろう)を中心に結成された政党。自由党院外団の中心人物大井は、自由党が政府と妥協し、党組織が議員団専制体制へと変質していくのに反対して、91年5月党内に非政社団体「東洋倶楽部(くらぶ)」を設立した。しかし意を果たせず、翌92年6月28日脱党し、11月フランス流の急進自由主義を唱えて東洋自由党を結成した。中心には大井のほか新井章吾(あらいしょうご)、小久保喜七(こくぼきしち)、樽井藤吉(たるいとうきち)らがおり、第四・第五議会で四議席を占め、綱領に立憲代議制の確立、国権発揚のための対外硬、労働者貧民の保護を掲げ、党内に普通選挙期成同盟会、日本労働協会、小作条例調査会を設置し、また機関紙『新東洋』を発刊した。いずれも画期的な事業であったが、93年条約改正問題がおこると、国民協会、熊本国権党、福岡玄洋社などと大日本協会を設立して内地雑居に反対し、12月解党した。[猪飼隆明]
『平野義太郎著『馬城大井憲太郎伝』(1938・大井馬城伝編纂部/復刻版・1968・風媒社) ▽升味準之輔著『日本政党史論 第二巻』(1966・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東洋自由党の言及

【大井憲太郎】より

…その後民権運動の中心にあったが,82年以降の弾圧期に朝鮮内政改革を企てたいわゆる大阪事件(1885)をおこし,重懲役9年に処せられた。89年憲法発布で大赦出獄,90年中江兆民らと立憲自由党を設立したが,自由党の議会政党化にあきたらず,92年脱党して東洋自由党を結成した。アジア変革の指導者として東洋経営の国是を定めようとする国権論を掲げるとともに,労働者,細民の運動を促進した。…

※「東洋自由党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東洋自由党の関連キーワードセントルイス・カージナルスマッケリーウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件グロースバーネット