コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東郷神社 トウゴウジンジャ

デジタル大辞泉の解説

とうごう‐じんじゃ〔トウガウ‐〕【東郷神社】

東京都渋谷区にある神社。祭神東郷平八郎。昭和15年(1940)創建

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうごうじんじゃ【東郷神社】

東京都渋谷区神宮前にあり,東郷平八郎をまつる。日露戦争後,国民から敬慕された東郷元帥が1934年に没すると,財団法人東郷元帥記念会が設立され,神社建設の運動をおこし,40年,明治神宮に近い旧鳥取藩池田侯爵邸の土地に,府社東郷神社が創建された。45年に戦災で社殿いっさいを焼失,64年に東郷会が中心となって再建された。日本海海戦の記念行事の一環として,5月28日を例祭日とする。【大隅 和雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうごうじんじゃ【東郷神社】

東京都渋谷区原宿にある神社。祭神、東郷平八郎。1940年(昭和15)創建。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東郷神社
とうごうじんじゃ

東京都渋谷区神宮前に鎮座。祭神は東郷平八郎命(とうごうへいはちろうのみこと)。東郷は1847年(弘化4)生まれ、薩摩(さつま)藩出身の海軍元帥。日露戦争ではロシア艦隊を破って名将とうたわれ、また明治・大正・昭和の天皇に奉仕し、国民的に敬慕された。1934年(昭和9)の没後ただちに設立された財団法人東郷元帥記念会の尽力で、府社として40年に創建。45年戦災で炎上、64年(昭和39)再興された。例祭は日本海海戦にちなみ、5月28日。[牟禮 仁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東郷神社の関連キーワード東京都渋谷区神宮前東京都渋谷区東郷 平八郎渋谷(区)宮入 行平おはら祭

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東郷神社の関連情報