コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柊/疼木 ヒイラギ

5件 の用語解説(柊/疼木の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひいらぎ〔ひひらぎ〕【×柊/×疼木】

モクセイ科の常緑小高木。山地に自生。葉は卵形で厚く、縁にとげ状のぎざぎざをもち、対生する。雌雄異株。10、11月ごろ、香りのある白色の小花を密生し、楕円形で黒紫色の実を結ぶ。生け垣や庭木とされ、材は器具・楽器・彫刻などに用いられる。節分には悪鬼払いとして、枝葉にイワシの頭をつけて門口に挿す。ひらぎ。 冬》「―の花にかぶせて茶巾(ちゃきん)干す/みどり女」
スズキ目ヒイラギ科の海水魚。全長約15センチ。体色は青みを帯びた銀白色。体は卵形で体高が高く、側扁が著しい。ひれに小さなとげをもつ。口は小さいが長く伸ばすことができ、食道を取り巻いて発光細菌が共生していて発光する。本州中部以南に産し、食用。 秋》

ひらぎ【×柊】

ひいらぎ」の音変化。
「むかし植ゑたる―、後には大木となって」〈浮・永代蔵・六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

日本のポピュラー音楽。歌はJ-POPユニット、Do As Infinity。2003年発売。作詞・作曲:D・A・I。TBS系で放送されたドラマ「恋文~私たちが愛した男~」の主題歌に起用。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひいらぎ【柊】

モクセイ科の常緑小高木。関東以西の山地に自生し、庭木にもされる。葉は対生し、長楕円形で鋭い鋸歯があり、質は硬い。雌雄異株。初冬、葉腋ようえきに白色の芳香ある小花をつけ、核果は紫黒色に熟す。材は細工物に、枝葉は節分行事に用いる。ひらぎ。 〔「柊の花」は [季]冬〕
スズキ目の海魚。全長約15センチメートル。体は楕円形で側扁する。全身銀白青色で、背に黒色の縞模様があり、背や腹のひれにヒイラギの葉のようなとげがある。地方により食用。日本では中部以南の内湾にすむ。ギチ。ネコゴロシ。
家紋の一。の葉を図案化したもの。
[句項目]

ひらぎ【柊】

「ひいらぎ」の転。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柊/疼木の関連キーワード犬榧金木犀銀木犀はしどい巴豆木犀雪椿塩地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone