柳川[市](読み)やながわ

百科事典マイペディアの解説

柳川[市]【やながわ】

福岡県南部の市。1952年市制。筑後川河口左岸の三角州を占め,有明海に臨む。中心市街は立花藩の城下町として発達。筑紫(つくし)平野水田地帯の一部で,米作と園芸作物,イグサの栽培が盛ん。市街地にも水路が縦横に走り,水郷風景で知られる。沿岸は干拓地が広く,採貝と水産加工が盛んであるが,またノリの養殖も発展している。西鉄天神大牟田線が通じる。柳川温泉,松濤園(名勝),戸島氏庭園(名勝)などがあり,北原白秋の生家と記念館がある。2005年3月山門郡大和町,三橋町を編入。77.15km2。7万1375人(2010)。
→関連項目棚倉藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やながわ【柳川[市]】

福岡県南西部,筑後川の河口東岸を占め,有明海に臨む市。1952年市制。人口4万3245(1995)。筑紫平野南部の中心に位置し,北半はクリーク網の密な三角州,南半は堤防列がうろこ状に走る干拓地で,全域が低平である。中心市街の旧柳河町は戦国時代この地の豪族蒲池(かまち)氏の城下町として発達し,筑後南部の中心をなしてきた。明治期からは鹿児島本線や国道3号線などが離れて設けられたため,一時発展が停滞したが,昭和に入って佐賀線の全通(1935。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android