コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川[市] やながわ

百科事典マイペディアの解説

柳川[市]【やながわ】

福岡県南部の市。1952年市制。筑後川河口左岸の三角州を占め,有明海に臨む。中心市街は立花藩の城下町として発達。筑紫(つくし)平野水田地帯の一部で,米作と園芸作物,イグサの栽培が盛ん。
→関連項目棚倉藩

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やながわ【柳川[市]】

福岡県南西部,筑後川の河口東岸を占め,有明海に臨む市。1952年市制。人口4万3245(1995)。筑紫平野南部の中心に位置し,北半はクリーク網の密な三角州,南半は堤防列がうろこ状に走る干拓地で,全域が低平である。中心市街の旧柳河町は戦国時代この地の豪族蒲池(かまち)氏の城下町として発達し,筑後南部の中心をなしてきた。明治期からは鹿児島本線や国道3号線などが離れて設けられたため,一時発展が停滞したが,昭和に入って佐賀線の全通(1935。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

柳川[市]の関連キーワード北原白秋

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android