コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川一件 やながわいっけん

大辞林 第三版の解説

やながわいっけん【柳川一件】

近世初期、対馬宗家と家臣柳川家との御家騒動をきっかけとして、朝鮮との交渉で国書改竄かいざんの不正が暴露された事件。暴露した重臣柳川調興は流罪、日朝交渉は改革された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やながわいっけん【柳川一件】

1631年(寛永8)対馬の大名宗義成(そうよしなり)と家老柳川調興(しげおき)の御家騒動から,日朝間の国書の偽作・改竄(かいざん)などの不正が露顕して,幕府外交上の大問題となった事件。柳川氏は調興の祖父調信の代に日朝関係の実務派として台頭,朝鮮と日本の中央政権の双方に独自の地位を築いていた。この事件は,35年,将軍徳川家光の親裁によって調興方の有罪に決し,義成はひきつづき日朝関係の管掌を認められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳川一件
やながわいっけん

対馬(つしま)藩主宗義成(そうよしなり)とその重臣柳川調興(しげおき)の争論が発端で、宗氏(柳川氏)の日朝両国国書の改竄(かいざん)などの不正が露顕し、近世初期の日朝関係最大の問題となった事件。柳川氏は調興の祖父調信(しげのぶ)一代で家臣の筆頭にまでのし上がった存在で、調興の代には朝鮮関係から宗氏の家政まで擅断(せんだん)するようになっていた。また、調興は人質として幼少から徳川家康・秀忠(ひでただ)の膝元(ひざもと)に置かれており、幕府要路に強力な人脈をもっていた。義成と調興の確執は、調興がそのような地位を足場に幕臣化しようとした点に発しており、1615年(元和1)に義成が家督を継いでほどなくその兆しがみられ、31年(寛永8)に双方が幕府に訴えたことから争論となった。その際明らかになった日朝関係上の不正には、それまでの朝鮮使節来日の際の国書の改竄・取り替え、国王使(将軍使)を詐称しての使節の朝鮮派遣などがあるが、これらは宗氏あるいは柳川氏の罪というよりは、中世以来の日朝関係の諸慣例を放置していた幕府の姿勢に起因したものである。
 争論は当初調興の有利が噂(うわさ)されたが、1635年将軍家光(いえみつ)の親裁によって義成の無罪、調興らの有罪が決定した(調興は津軽に流罪、そのほかにも死刑・流罪)。この裁定には、義成室が日野資勝(ひのすけかつ)娘で家光室の鷹司(たかつかさ)氏と親類にあたることが影響しているといわれるが、それだけではなく、当時の幕府の対外政策、大名統制策の基本路線に沿ったものであった。一件後、将軍の国際的称号を日本国大君(にっぽんこくたいくん)とし、外交文書に日本年号を使用すること、対馬以酊庵(いていあん)へ京都五山(ござん)の長老を輪番で派遣して外交文書を管掌させる以酊庵輪番制の設定など、日朝関係上の諸体制が整備された。[荒野泰典]
『荒野泰典著『大君外交体制の確立』(『講座日本近世史2 鎖国』所収・1981・有斐閣) ▽田代和生著『書き替えられた国書』(中公新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柳川一件の関連キーワード朝鮮通信使日朝交渉史柳川調信対馬藩洪喜男流罪

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android