栄花(華)物語(読み)えいがものがたり

百科事典マイペディアの解説

栄花(華)物語【えいがものがたり】

平安後期の歴史物語正編30巻,続編10巻。正編の成立は,長元年間(1028年―1037年)ごろと推定され正編とは別の作者によるものと考えられる続編10巻も,その記事の最後1092年の後間もなく完成したと推定される。作者は赤染衛門説ほか諸説がある。宇多天皇から堀河天皇までの約200年間を編年体で物語風に記述。藤原道長の栄華を中心に宮廷貴族の生活を描き,風俗史の資料としても重要。《源氏物語》の影響が強い。
→関連項目大鏡世継物語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android