栗栖野(読み)クルスノ

デジタル大辞泉の解説

くるすの【栗栖野】

山城国宇治郡山科村(今の京都市山科区)の地名。稲荷山東麓にあたる。
京都市北区の鷹峰(たかがみね)の東、西賀茂のあたりにあった地名。[歌枕]
「春も見る氷室のわたり気を寒みこや―の雪のむら消え」〈経信集〉
[補説]は現在「くりすの」と読む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くるすの【栗栖野】

京都市北区の歴史地名。北紫野などの平安京近郊の野のうちの一つ。平安時代初期に遊猟地としてみえ,近郊として宮廷の氷室(ひむろ)が設けられたり官窯が営まれたりしている。とくに栗栖野瓦窯は著名で,ここでの生産と思われる〈栗〉印の瓦が平安京跡からいくつか発見されていて,史跡に指定されている。中世にも近郊の勝地として親しまれたらしく,洛北七野の一つとして萩の名所でもあった。なお洛東にも栗栖野の地名がみられ(伏見区小栗栖),よく両者は混同されるが北区のそれのほうがより著名であったようだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くるすの【栗栖野】

山城国宇治郡山科村(現在京都市東山区稲荷山の東麓にあたる)の地名。
京都市北区、鷹ヶ峰の奥の山間の古地名。古く皇室の狩猟場であった。御栗栖野みくるすの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くるすの【栗栖野】

[一] 京都市北区鷹峰、西賀茂の付近にあった地名。古く皇室の狩猟場だった。御栗栖野(みくるすの)
[二] 京都市山科区南部の地名。稲荷山の東すそにあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android