コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗栖野 クルスノ

3件 の用語解説(栗栖野の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くるすの【栗栖野】

山城国宇治郡山科村(今の京都市山科区)の地名。稲荷山の東麓にあたる。
京都市北区の鷹峰(たかがみね)の東、西賀茂のあたりにあった地名。[歌枕]
「春も見る氷室のわたり気を寒みこや―の雪のむら消え」〈経信集〉
[補説]は現在「くりすの」と読む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くるすの【栗栖野】

京都市北区の歴史地名。北野・紫野などの平安京近郊の野のうちの一つ。平安時代初期に遊猟地としてみえ,近郊として宮廷の氷室(ひむろ)が設けられたり官窯が営まれたりしている。とくに栗栖野瓦窯は著名で,ここでの生産と思われる〈栗〉印の瓦が平安京跡からいくつか発見されていて,史跡に指定されている。中世にも近郊の勝地として親しまれたらしく,洛北七野の一つとして萩の名所でもあった。なお洛東にも栗栖野の地名がみられ(伏見区小栗栖),よく両者は混同されるが北区のそれのほうがより著名であったようだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くるすの【栗栖野】

山城国宇治郡山科村(現在京都市東山区稲荷山の東麓にあたる)の地名。
京都市北区、鷹ヶ峰の奥の山間の古地名。古く皇室の狩猟場であった。御栗栖野みくるすの

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栗栖野の関連キーワード北野やすらい祭有栖川有馬今宮神社雲の林曽根崎安楽祭谷岡武雄藤岡謙二郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗栖野の関連情報