コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃華蘂葉 とうかずいよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃華蘂葉
とうかずいよう

一条兼良が子の冬良のために著わした覚え書。1巻。文明 12 (1480) 年成立。内容は,装束書札礼などに関する一条家に伝えられる故実,および相伝の文書,記録,所領などにわたる。所領の部分は,応仁の乱の公家の経済に及ぼした影響を知る好史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうかずいよう〔タウクワズイエフ〕【桃華蘂葉】

室町後期の有職故実書。1巻。一条兼良著。文明12年(1480)成立。一条家の故実や領所・敷地の目録などを、家督を継いだ子の冬良に書き与えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうかずいよう【桃華蘂葉】

1480年(文明12)4月に一条兼良が子の冬良に与えた遺戒の書。1巻。装束,車等の故実をはじめとして,書札礼や家に相伝してきた文書・記録,家管領の寺院や家領のことなど,一条家の当主として熟知しておくべき事項が記されている。応仁の乱後の一条家の所領と知行の実態を知ることができるなど,興味ある記事も多い。《群書類従》所収。【清田 善樹】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桃華蘂葉
とうかずいよう

一条兼良(かねら)が1480年(文明12)に、家督を継いだ冬良(ふゆら)に後事を託する意図で書き与えた著。1巻。内容は、一条家流の装束着用の法式、相伝の十二合(ごう)文書ならびに日記、一条家の子弟の入室すべき門跡(もんぜき)およびその管領下にある寺院、一条家の領所と敷地の目録など多方面にわたっている。なかでも領所と敷地の目録は、武家による荘園(しょうえん)の侵略と押領(おうりょう)の実情を知るうえの貴重な一史料である。『群書類従』(雑部)所収。[芳賀幸四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桃華蘂葉の関連キーワード芳賀幸四郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android