コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶/楮/構/榖 カジ

3件 の用語解説(梶/楮/構/榖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かじ〔かぢ〕【×梶/×楮/構/×榖】

カジノキの古名。〈和名抄
襲(かさね)の色目の名。表裏ともに萌葱(もえぎ)色で、初秋のころに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

生年:生没年不詳
江戸時代の歌人。家集『梶の葉』が刊行された宝永4(1707)年には在世している。京の祇園社のほとりにある茶店の女主人。父母に孝行を尽くす一方で草子や歌物語を好み,いつしか和歌に通じるようになった。戯れの歌を詠みかけて返歌を求めたり,田舎への土産に和歌を所望する人が絶えず,茶店は繁盛したという。伴蒿蹊著『近世畸人伝』にも採り上げられるなど,当時の京ではアイドル的存在であったらしい。茶店を継いだ百合,その娘の町子(池大雅妻玉瀾)を総称して「祇園三女」という。『梶の葉』の序文と『近世畸人伝』以外にはその実像を物語る資料が乏しい。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かじ【梶】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone