コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構え カマエ

デジタル大辞泉の解説

かまえ〔かまへ〕【構え】

造り。構造。また、家屋などの外観。「構えの大きな家」「洋風の構えの門」
予想される事態に対処するための備え。「和戦両用の構え
即座に有効な動きができるように整えた、からだの格好。特に、武道・格闘技での姿勢。「独特の構えでバッターボックスに立つ」「上段の構え
漢字の部首の一。字の外郭をなす部分で、「門(もんがまえ)」「囗(くにがまえ)」などがある。
御構(おかま)い2
こしらえごと。つくりごと。計略。
「当座の―の言葉なり」〈曽我・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かまえ【構え】

建物や門などの造り。構造。 「立派な-の家」
状況に対応できるように姿勢や態度をととのえること。 「打つ-を見せる」 「正眼の-」 「一戦も辞さぬ-」
工夫。計画。 「これを言はすべき-を謀たばかり給ひけるやう/今昔 5
漢字の構成部分の名称。字の外周を囲んでいる部分。門構え(「間」の「門」)・国構え(「囲」の「囗」)など。
〘心〙 特定の刺激に対する認知あるいは反応が起こりやすくなるような生活体の準備状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

構え
かまえ
setmental set英語
Einstellungドイツ語

多少とも一時的に、特定の環境刺激だけを選択し、その認知や反応を促進する準備状態をさす心理学のことば。最初は、実験者の教示、指導者の指示によって生み出され、また統制されるものと考えられた。問題解決に際し、ある方向に探索すべきだと、なかば無意識的に構えることを決定傾向というが、特定の構えを強くとりすぎると観点変更の自由が失われ、かえって問題解決に阻害的になることがある。これを、構えの硬さという。100メートル競走に際し「用意」と合図しているとき、ピストル音がなると速やかに走り出せるが、この間隔が短すぎても準備状態はできないし、長すぎるとだれてしまう。2秒間くらいが最適といわれ、一般的には、自動車道路の交差点・分岐点とその予告標識提示場所との間隔を設定する基礎となる。
 保守または急進的な価値体系をもつ人は、一般に自説に有利な文言・事実を認知しやすく、不利なものは見落とす傾向があるが、これも半無意識的な構えの影響として、社会心理学で研究されている。[吉田正昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

構えの関連キーワード店掛かり・店懸かり・店掛り・店懸り店商い・棚商いテイクバック御輿を据える蜘蛛手格子所帯を持つ矢筈をとる玄関を張る所帯道具納戸構えバスター屋敷構え露天商屋敷城新所帯国構え店拵え家造り戈構え店構え

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構えの関連情報