櫛引[町](読み)くしびき

百科事典マイペディアの解説

櫛引[町]【くしびき】

山形県西部,東田川(ひがしたがわ)郡の旧町。西半は庄内平野南部の水田地帯で,東半は月山(がっさん)北西麓である。米作,リンゴ,ブドウ,ナシ,カキなどの果樹栽培が盛ん。畜産も行う。黒川黒川能で有名。2005年10月西田川郡温海町,東田川郡羽黒町,藤島町,朝日村鶴岡市へ編入。80.18km2。8571人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしびき【櫛引[町]】

山形県西部,東田川郡の町。1966年町制。人口8742(1995)。庄内平野の南端,鶴岡市の南に位置し,中央を赤川が北流する。南東部は月山北西麓の山地,北西部は天保堰開削(1838)後に農地化した水田地帯である。中心集落は上山添で,国道121号線が通り,鶴岡市との連絡がよい。農業が主産業で,西部は稲作を主とし,山沿いでは柿,リンゴ,ブドウなどの果樹栽培,養豚,養鶏などが盛ん。東部丘陵地では開拓パイロット事業が実施され,ハクサイなどの大規模な野菜栽培が行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android