氏文(読み)うじぶみ

デジタル大辞泉の解説

うじ‐ぶみ〔うぢ‐〕【氏文】

古代の氏(うじ)が、その起源や先祖代々の功績などを記した文書。「高橋氏文」の類。また、中世、武家で家の由来と系統を記した文書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うじぶみ【氏文】

日本古代の由来・職務朝廷での功績などを記録したもの。5~6世紀には,すでに祖先以来の氏の系譜を記したものがあったことは,埼玉古墳群稲荷山古墳より出土した471年と考えられる辛亥年の剣銘に,乎獲居臣(おわけのおみ)の祖先からの竪系図が記録されていることからもわかり,これは天皇家の系譜である帝紀(ていき)の成立と軌を一にすることが知られる。しかし,それらが具体的に明確になるのは,天智・天武朝からで,《日本書紀》や《古事記》の材料として,族譜は利用された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うじぶみ【氏文】

古代、一族の由緒や祖先の功績などを記した文書。 「高橋-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氏文
うじぶみ

古代において氏族の由来や職務・祖先の功績などを記した文書。墓記(ぼき)、本系帳(ほんけいちょう)なども類似の文書である。『日本書紀』成立以降、奈良時代後半から平安時代初期に朝廷が諸氏に系譜の提出を求め、『氏族志(しぞくし)』などの編纂を企図し、諸氏は自己の立場を主張するために氏文を提出した。この事業は815年(弘仁6)に『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』として結実する。氏文という名称では「高橋氏文」が唯一の現存史料で、これは諸書に逸文として残る。その内容は内膳司(ないぜんし)に奉仕する高橋氏(膳(かしわで)氏)が安曇(あずみ)氏との論争で、自家の由緒を記して朝廷に提出したものである。また斎部(いんべ)(忌部)氏が中臣(なかとみ)氏を非難し、自家の立場を主張した『古語拾遺(こごしゅうい)』には『古事記』『日本書紀』とは異なる古伝承も掲載されている。その他、『中臣氏延喜本系帳』『多米(ため)氏本系帳』『鴨県主(かものあがたぬし)本系』などが残存している。[森 公章]
『佐伯有清著『新撰姓氏録の研究 研究篇』(1963・吉川弘文館) ▽斎部広成著、安田尚道・秋本吉徳校注・解説『古語拾遺 高橋氏文』(1976・現代思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氏文の関連情報