コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氏文 うじぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氏文
うじぶみ

古代の起源祖先功績などを記した文章体の系図。『高橋氏文』はその代表的なもの。中世では武家由来を記したものをいった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うじ‐ぶみ〔うぢ‐〕【氏文】

古代の氏(うじ)が、その起源や先祖代々の功績などを記した文書。「高橋氏文」の類。また、中世、武家で家の由来と系統を記した文書。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うじぶみ【氏文】

日本古代の由来・職務朝廷での功績などを記録したもの。5~6世紀には,すでに祖先以来の氏の系譜を記したものがあったことは,埼玉古墳群稲荷山古墳より出土した471年と考えられる辛亥年の剣銘に,乎獲居臣(おわけのおみ)の祖先からの竪系図が記録されていることからもわかり,これは天皇家の系譜である帝紀(ていき)の成立と軌を一にすることが知られる。しかし,それらが具体的に明確になるのは,天智・天武朝からで,《日本書紀》や《古事記》の材料として,族譜は利用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うじぶみ【氏文】

古代、一族の由緒や祖先の功績などを記した文書。 「高橋-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

氏文
うじぶみ

古代において氏族の由来や職務・祖先の功績などを記した文書。墓記(ぼき)、本系帳(ほんけいちょう)なども類似の文書である。『日本書紀』成立以降、奈良時代後半から平安時代初期に朝廷が諸氏に系譜の提出を求め、『氏族志(しぞくし)』などの編纂を企図し、諸氏は自己の立場を主張するために氏文を提出した。この事業は815年(弘仁6)に『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』として結実する。氏文という名称では「高橋氏文」が唯一の現存史料で、これは諸書に逸文として残る。その内容は内膳司(ないぜんし)に奉仕する高橋氏(膳(かしわで)氏)が安曇(あずみ)氏との論争で、自家の由緒を記して朝廷に提出したものである。また斎部(いんべ)(忌部)氏が中臣(なかとみ)氏を非難し、自家の立場を主張した『古語拾遺(こごしゅうい)』には『古事記』『日本書紀』とは異なる古伝承も掲載されている。その他、『中臣氏延喜本系帳』『多米(ため)氏本系帳』『鴨県主(かものあがたぬし)本系』などが残存している。[森 公章]
『佐伯有清著『新撰姓氏録の研究 研究篇』(1963・吉川弘文館) ▽斎部広成著、安田尚道・秋本吉徳校注・解説『古語拾遺 高橋氏文』(1976・現代思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

氏文の関連キーワード七十一番職人歌合蝸牛角上の争い平氏(へいし)膳部(膳夫)金子 彦二郎開元天宝遺事平岡 武夫白氏長慶集大町[市]金子彦二郎磐鹿六鴈命新撰姓氏録日本料理本朝月令古語拾遺大江千里高井時茂白氏文集太政官符藤河別命

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氏文の関連情報