水月湖(読み)すいげつこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水月湖
すいげつこ

福井県南西部,若狭町にある湖。三方五湖の一つ。面積は5湖中最大で,4.2km2。周囲 11km,最大水深は 34mの汽水湖。沈降によって形成された。湖底から硫化水素が湧出し,湖水が紅色に変色することがある。このため魚類は中層以上に生息し,コイ,フナ,ボラなどが釣れる。人工の浦見川により久々子湖と連絡する。北西には梅丈岳の好展望地があり,自動車道路が通じる。若狭湾国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の水月湖の言及

【三方五湖】より

…福井県南西部,常神(つねかみ)半島の付け根に位置し,三方郡三方町と美浜町にまたがる三方湖,水月(すいげつ)湖,菅(すが)湖,日向(ひるが)湖,久々子(くぐし)湖の5湖をいう。古く《万葉集》にも〈若狭なる三方の海の浜清みい往き還らひ見れど飽かぬかも〉と詠われ,〈三方の海〉は歌枕でもあった。…

※「水月湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水月湖の関連情報