コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸崎[町] えどさき

2件 の用語解説(江戸崎[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

江戸崎[町]【えどさき】

茨城県南部,霞ヶ浦南岸の台地を占める稲敷(いなしき)郡の旧町。小野川に臨む主集落は中世の土岐氏以来の城下町霞ヶ浦水運の物資集散地であった。干拓による水田が広く,カボチャダイコンスイカハクサイなどの畑作も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えどさき【江戸崎[町]】

茨城県南部,稲敷郡の町。人口2万0022(1995)。筑波稲敷台地の末端に位置し,霞ヶ浦に注ぐ小野川沿岸に低地が広がる。江戸崎入など第2次世界大戦後,干拓されて水田となったところも多い。中心集落の江戸崎は中世には信太荘地頭土岐氏の居城がおかれ,江戸時代は霞ヶ浦南岸水運の中心地であった。水運の衰退とともに町勢も停滞したが,明治・大正期には郡役所が置かれ,現在も地方行政機関が集まり,周辺地域の行政・商業中心となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone