コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河辺[村] かわべ

世界大百科事典 第2版の解説

かわべ【河辺[村]】

愛媛県南部,喜多郡の村。人口1458(1995)。肱(ひじ)川の支流河辺川上流域に位置し,四国山地に属する山地で占められた典型的な峡谷型山村である。平地に乏しく,40集落は山腹に散在する。1951年肱川村(現,肱川町)から分離して成立。農林業が基幹産業で,栗,シイタケ,タバコの産が多く,養蚕,和牛飼育も行われる。河辺川の渓谷はハイキング,釣りに適し,清流では淡水魚の養殖が行われる。【上田 雅子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河辺[村]の関連キーワード阿麻和利護佐丸尚泰久イジーエネア・シルビオ・ピッコロミニフェランテマーチャーシュ[1世]パウルス2世マーチャーシュ(1世)県内の虐待相談受付件数

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android