コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油谷湾 ゆやわん

3件 の用語解説(油谷湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油谷湾
ゆやわん

山口県北西部,向津具半島を北岸にし西方で日本海に面する湾。水深が大きく,湾内には江ノ島手長島などが浮ぶ。好漁場で,ハマチクルマエビなどの栽培漁業行われる。波静かで小漁港が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆやわん【油谷湾】

山口県の北西端にある湾。北側を向津具(むかつく)半島に囲まれ,西方に開く。南西岸は豊浦郡豊北町に,湾奥から北岸は大津郡油谷町に属する。角島北東部と半島先端の油谷島を湾口とし,南北約4km,東西約12kmで,水深20~40m。向津具半島が日本海の荒波をさえぎる天然の良湾で,沿岸には,海女の潜水漁業で有名な大浦,小型底引網の盛んな久津(くづ)や掛淵,巻網と敷網の久原(くばら),釣漁業中心の粟野,釣りとはえなわの阿川など特色ある漁村が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油谷湾
ゆやわん

山口県北西端の向津具(むかつく)半島に抱かれた日本海の湾入。西に開口する面積約45平方キロメートルの天然の良港で、水深20~40メートル。湾内には手長(てなが)島、竹島、江ノ島の小島が散在、半島端の俵(たわら)島は全島玄武岩柱状節理からなり、国の名勝・天然記念物に指定されている。また油谷湾の景観は北長門(きたながと)海岸国定公園の一部。湾岸には海女(あま)漁業の大浦(おおら)、小型底引網の久津(くづ)、釣り漁業の粟野(あわの)、カキ養殖の伊上(いがみ)などの漁村が多い。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

油谷湾の関連キーワード川尻岬油谷[町]山形県飽海郡茨城県久慈郡山口県阿武郡山口県山口市春日町山口県玖珂郡山口県長門市油谷向津具上山口県長門市油谷向津具下向津具半島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

油谷湾の関連情報