コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油谷湾 ゆやわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油谷湾
ゆやわん

山口県北西部,向津具半島北岸にし西方日本海に面する湾。水深が大きく,湾内には江ノ島手長島などが浮ぶ。好漁場で,ハマチクルマエビなどの栽培漁業が行われる。波静かで小漁港が多い。西長門海岸県立自然公園の中心をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆやわん【油谷湾】

山口県の北西端にある湾。北側を向津具(むかつく)半島に囲まれ,西方に開く。南西岸は豊浦郡豊北町に,湾奥から北岸は大津郡油谷町に属する。角島北東部と半島先端の油谷島を湾口とし,南北約4km,東西約12kmで,水深20~40m。向津具半島が日本海の荒波をさえぎる天然の良湾で,沿岸には,海女の潜水漁業で有名な大浦,小型底引網の盛んな久津(くづ)や掛淵,巻網敷網久原(くばら),釣漁業中心の粟野,釣りとはえなわの阿川など特色ある漁村が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

油谷湾
ゆやわん

山口県北西端の向津具(むかつく)半島に抱かれた日本海の湾入。西に開口する面積約45平方キロメートルの天然の良港で、水深20~40メートル。湾内には手長(てなが)島、竹島、江ノ島の小島が散在、半島端の俵(たわら)島は全島玄武岩柱状節理からなり、国の名勝・天然記念物に指定されている。また油谷湾の景観は北長門(きたながと)海岸国定公園の一部。湾岸には海女(あま)漁業の大浦(おおら)、小型底引網の久津(くづ)、釣り漁業の粟野(あわの)、カキ養殖の伊上(いがみ)などの漁村が多い。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

油谷湾の関連キーワード伊上海浜公園オートキャンプ場山口県の旧油谷町大浦(山口県)油谷[町]長門(市)油谷〈町〉雨乞台長門市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

油谷湾の関連情報