治承・寿永の内乱(読み)じしょうじゅえいのないらん

百科事典マイペディアの解説

治承・寿永の内乱【じしょうじゅえいのないらん】

源平争乱ともいう。1180年(治承4年)以仁王(もちひとおう)が平氏追討の令旨(りょうじ)を得て挙兵してから,1185年(寿永4年)3月に壇ノ浦の戦で平氏が滅亡するまでの内乱。当時の年号を冠しての呼称。内乱は源平両氏が中心となったが,諸国の武士をも巻き込んで,全国的な内乱状態となった。→平清盛源頼朝源義経鎌倉幕府

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android