コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治承・寿永の内乱 じしょうじゅえいのないらん

世界大百科事典 第2版の解説

じしょうじゅえいのないらん【治承・寿永の内乱】

1180年(治承4)以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を受けた諸国源氏の挙兵から,85年(文治1)3月長門国壇ノ浦(下関市)に平氏一門が壊滅するまで,主として源平両氏による決戦のかたちをとって進行した全国的規模の内乱。当時の年号を冠してこう呼び,たんに治承の乱,あるいは源平の合戦(争乱)とも称する。
[内乱の序章]
 すでに12世紀中葉,全国各地では国守・目代と在地武士との対立が激化し,ときにそれは後者の反乱を惹起していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

治承・寿永の内乱の関連キーワード金ヶ崎城跡出羽房雲厳壇ノ浦の戦中条家長鎌倉幕府兵粮料所畿内近国源平争乱藤原長方藤原定家宇佐公通浅香年木原田氏関兼衡望月氏平賀氏土田氏仁科氏源義仲源頼朝

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android