コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法蔵(2) ほうぞう

1件 の用語解説(法蔵(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法蔵(2) ほうぞう

905-969 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。寛救(かんく),延敒(えんじょう),定助(じょうじょ)に唯識(ゆいしき),三論,密教をまなぶ。天徳4年維摩会(ゆいまえ)の講師(こうじ)となり,応和3年宮中清涼殿での法華会(ほっけえ)で延暦(えんりやく)寺の良源と論争(応和宗論)した。康保(こうほう)2年東大寺別当。安和(あんな)2年1/2月3日死去。65歳。山城(京都府)出身。俗姓は藤原。著作に「金剛般若経秘賾(ひさく)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

法蔵(2)の関連キーワード安倍基尚婉子内親王戒撰観算義光都子内親王惟宗善経済棟時原興宗源近善

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone