コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法蔵(2) ほうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法蔵(2) ほうぞう

905-969 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。寛救(かんく),延敒(えんじょう),定助(じょうじょ)に唯識(ゆいしき),三論,密教をまなぶ。天徳4年維摩会(ゆいまえ)の講師(こうじ)となり,応和3年宮中清涼殿での法華会(ほっけえ)で延暦(えんりやく)寺の良源と論争(応和宗論)した。康保(こうほう)2年東大寺別当。安和(あんな)2年1/2月3日死去。65歳。山城(京都府)出身。俗姓は藤原。著作に「金剛般若経秘賾(ひさく)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

法蔵(2)の関連キーワード延喜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法蔵(2)の関連情報