コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法蔵(2) ほうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法蔵(2) ほうぞう

905-969 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。寛救(かんく),延敒(えんじょう),定助(じょうじょ)に唯識(ゆいしき),三論,密教をまなぶ。天徳4年維摩会(ゆいまえ)の講師(こうじ)となり,応和3年宮中清涼殿での法華会(ほっけえ)で延暦(えんりやく)寺の良源と論争(応和宗論)した。康保(こうほう)2年東大寺別当。安和(あんな)2年1/2月3日死去。65歳。山城(京都府)出身。俗姓は藤原。著作に「金剛般若経秘賾(ひさく)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

法蔵(2)の関連キーワード延喜

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android