コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津屋崎[町] つやざき

百科事典マイペディアの解説

津屋崎[町]【つやざき】

福岡県北部,宗像(むなかた)郡の旧町。主集落は渡(わたり)半島南側基底部にあり,博多と関門の中間の港町として繁栄した。都市近郊農業が盛ん。海岸は玄海国定公園に属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つやざき【津屋崎[町]】

福岡県北部,玄界灘に臨む宗像(むなかた)郡の町。人口1万4033(1995)。渡半島が玄界灘に突出し,その陸繫砂州の内側は勝浦潟を残して大部分が干拓され水田地帯となっている。半島南側基部にある中心集落の津屋崎は,中世には大陸交通の基地,江戸時代は藩米積出港,関門と博多間の中継港として栄えたが,明治以後鉄道からはずれてさびれた。農漁業が主産業で,米作のほか野菜,果樹の栽培が盛ん。海岸は玄海国定公園に含まれる景勝地で,開運の神として商人の信仰を集める宮地嶽神社などがあり,四季を通じて観光客,参拝客でにぎわう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android