コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津島[町] つしま

百科事典マイペディアの解説

津島[町]【つしま】

愛媛県南部,宇和島市の南に接する北宇和郡の旧町。主集落は岩松川左岸の岩松。大部分山地で林業,果樹栽培を行う。西部は宇和海に臨み,真珠,ハマチ,タイなどの養殖漁業が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つしま【津島[町]】

愛媛県南西部,北宇和郡の町。人口1万4861(1995)。宇和島市の南に位置し,西は宇和海南部に面してリアス海岸となっている。東は高知県に接する。三方を山に囲まれ,町域北端の鬼ヶ城山(1151m)に発して宇和海に注ぐ岩松川などの河川沿いに低地がある。一帯は津島郷とよばれ,中世,岩松の天ヶ森城に拠ってあたりを支配した越智氏は,津島殿と称された。江戸時代,宇和島藩の地方(じかた)支配の区分では津島組であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津島[町]の関連キーワード足摺宇和海国立公園壱岐対馬国定公園応永の外寇対馬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android