コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津島遺跡 つしまいせき

2件 の用語解説(津島遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つしまいせき【津島遺跡】

岡山市いずみ町,学南町,絵図町などにまたがる広範な弥生時代の遺跡。旭川右岸の沖積平野に立地し,第2次世界大戦中までは〈練兵場遺跡〉として知られていた。戦後中心部が公園に造成され,野球場,武道場など公園施設によって遺跡の一部が破壊されたが,保存運動のたかまりで大部分は残された。1961年,62‐63年,68年,69年の4次にわたる発掘で,縄文時代晩期以来の遺跡であることがわかった。下層の弥生時代前期の水田跡は湿田であったが,上層の中期には乾田にかえられ,この間に排水および灌漑技術の進展があることが明らかとなり,弥生時代水田農耕技術の発達を明らかにした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

つしまいせき【津島遺跡】


岡山県岡山市北区いずみ町にある集落跡。現在の岡山県総合グラウンドとその一帯に遺跡があることは戦前から知られていたが、1962年(昭和37)にグラウンド中央部を発掘した際、弥生時代前期の遺跡であることが判明した。1968年(昭和43)からの発掘調査で、弥生時代から古墳・奈良・平安・中世末までの遺物や遺構が発見された。なかでも、弥生時代前期の水田水路や、弥生時代前期前半の円形住居跡・倉庫と考えられる方形の建物跡が発掘され、旭川のデルタ地帯に形成された微高地に集落が設けられ、それに近接した低湿地で水田が営まれていたことが判明した。弥生時代前期の集落と水田が発見されたのは日本で初めてで、1971年(昭和46)に国の史跡に指定され、2002年(平成14)に追加指定された。現在遺跡の整備が行われ、津島やよい広場で復元した遺跡などを公開し、発掘調査で見つかった出土品は遺跡&スポーツミュージアムに展示している。JR山陽新幹線ほか岡山駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

津島遺跡の関連キーワード岡山県岡山市北区出石町岡山県岡山市北区いずみ町岡山県岡山市北区一宮岡山県岡山市北区今岡山県岡山市北区駅元町岡山県岡山市北区川入岡山県岡山市北区高塚岡山県岡山市北区撫川岡山県岡山市北区御津中泉岡山県岡山市北区南方