コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海部川 かいふがわ

4件 の用語解説(海部川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海部川
かいふがわ

徳島県南部の川。安芸山地に源を発して海陽町の町域を流れる。かつては筏流しが盛んであった。河口に鞆奥 (ともおく) の港がある。支流の母川はオオウナギの生息地で,国の天然記念物に指定。上流域は中部山渓県立自然公園に属し,日本百滝の一つに選ばれた轟滝などの景勝地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいふ‐がわ〔‐がは〕【海部川】

徳島県南部を流れる川。高知県との県境にある湯桶丸(ゆとうまる)(標高1372メートル)の東に源を発して北東流し、その後南流に変わり海部郡海陽(かいよう)町の奥浦で太平洋に注ぐ。長さ36キロ。上流部は年間降雨量3000ミリメートルで、全国有数の多雨地帯。森林資源に恵まれ海部林業地帯になっている。源流から河口までの距離が短く標高差も1300メートルあるため急流で水質がよい。支流の母(はは)川に国の天然記念物指定のオオウナギの生息地がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕海部川(かいふがわ)


徳島県南部を流れる川。剣(つるぎ)山地南部の湯桶丸(ゆとうまる)(標高1372m)東腹に源を発し、山間を東流次いで南流し、海部郡海陽(かいよう)町で太平洋に注ぐ。2級河川(海部川水系)。延長36km。上流部に注ぐ王余魚谷(かれいだに)川に景勝地の轟ノ(とどろきの)滝がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海部川
かいふがわ

徳島県南部を流れる川。高知県境の貧田丸(ひんでんまる)(1018メートル)付近に発して東流して海陽町皆ノ瀬(かいのせ)から方向を南に転じ海陽町の奥浦で太平洋に注ぐ。延長36.3キロメートル。流域面積154.6平方キロメートル。流域は中生界の四万十(しまんと)帯からなる海部山地で、中流と上流に段丘が発達し、集落や耕地が立地する。中流以下には谷底平野が開け、河口付近には浜堤列(ひんていれつ)や砂丘が発達する。上流は森林資源に恵まれ、海部林業地帯をなす。支流の王余魚谷(かれいだに)川の轟(とどろき)ノ滝は俗に轟九十九滝といわれ、同川にかかる大小の滝の総称。本滝も轟ノ滝(別名王余魚滝)とよばれ、落下約60メートル。行者の滝でもあり、11月の轟神社例祭には滝入りがある。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海部川の関連キーワード阿賀川足羽川板取川磐井川烏川三嶺新〈町〉笠原〈町〉物部〈村〉小瀬川

海部川の関連情報