コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失せる ウセル

デジタル大辞泉の解説

う・せる【失せる】

[動サ下一][文]う・す[サ下二]
なくなる。消える。いなくなる。「血の気が―・せる」
行く」「去る」をののしっていう語。「とっとと―・せろ」
死ぬ。
「二十九にてなむ、―・せ給ひにける」〈大和・一四二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うせる【失せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 う・す
なくなる。消える。現代では、抽象的なものについていうことが多い。 「やる気が-・せる」 「立つ霧の-・せぬる如く/万葉集 4214
「行く」「去る」のくだけた言い方。 「どこへでも-・せやがれ」
死ぬ。 「それ-・せたまひて、安祥寺にてみわざしけり/伊勢 77

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

失せるの関連キーワードアルカイック・スマイル打ち出の小槌殺生石(能)血の気が引く消魂・銷魂腑が抜ける俊成忠度煙になる冷え入る落ち失す万葉集小鍛冶安祥寺江の島弓八幡除こるヒンク血の気褪せる侘びる

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

失せるの関連情報